大型G-SHOCKの装着感がナイロンベルトで劇的に改善!

ナイロンベルトに交換してMIL-SHOCK化したG-SHOCK「GA-100-1A1」
ナイロンベルトに交換してMIL-SHOCK化したG-SHOCK「GA-100-1A1」

 
前回「G-SHOCKのMIL-SHOCKカスタム」手順を公開しましたが、実は別のG-SHOCKも同紙にMIL-SHOCK化してました。

 

▼スポンサーリンク


こちらの「GA-100-1A1」がそう。

ナイロンベルトに交換してMIL-SHOCK化したG-SHOCK「GA-100-1A1」
ナイロンベルトに交換してMIL-SHOCK化したG-SHOCK「GA-100-1A1」

 

ナイロンベルトで、さらにカッコよく!

オリジナルの状態でも十分カッコいいのですが、ナイロンベルトに交換することで、さらにカッコよくなりました。

ナイロンベルトに交換してMIL-SHOCK化したG-SHOCK「GA-100-1A1」
ナイロンベルトに交換してMIL-SHOCK化したG-SHOCK「GA-100-1A1」

 
色、サイズ共に、純正ベルトかと思うぐらいに馴染んでます!

G-SHOCKとナイロンベルトの組み合わせは想像以上に相性が良く、「GA-100-1A1」のカスタムも大成功です。

でも、今回の記事はカッコよくなって満足しておしまい…

ではありません!

大型G-SHOCKは手首からはみ出すのが残念

見た目がカッコよくなるのに加えて、さらなる効果があったのです!

その効果とは、大型G-SHOCKにつきものの「手首からはみ出してしまう問題」が解決するというもの。

そもそも「GA-100-1A1」は「ビッグケース」という、大型サイズのカテゴリーに属しています。

ナイロンベルトに交換してMIL-SHOCK化したG-SHOCK「GA-100-1A1」
ナイロンベルトに交換してMIL-SHOCK化したG-SHOCK「GA-100-1A1」

 
日本人男性にとっては、腕時計のケース(本体)が手首からはみ出してしまうほどのビッグサイズです。

さらに、G-SHOCK特有の樹脂ベルトがつくことで一層巨大化しています。

実はこのベルトが曲者でして…

手首にそうようにカーブしていますが、見た目ほど装着感はよくありません。

ナイロンベルトに交換してMIL-SHOCK化したG-SHOCK「GA-100-1A1」
ナイロンベルトに交換してMIL-SHOCK化したG-SHOCK「GA-100-1A1」

 
小型のスピードモデルは手首になじみますが、ビッグケースのG-SHOCKは残念ながらぴったりフィットとはいかないのです。

両サイド(骨が出っ張っている側)に隙間があくので、時計が前後にグラグラします。

ナイロンベルトに交換してMIL-SHOCK化したG-SHOCK「GA-100-1A1」
ナイロンベルトに交換してMIL-SHOCK化したG-SHOCK「GA-100-1A1」

 
しかも、手首から大きくはみ出た姿は、どことなく不格好。

時計だけ浮いてる感じがするというか…

実際、物理的にも浮いてますしね。

ビッグケースは海外で人気のあるシリーズなので、これはまあしかたない…

と、あきらめていたのですが、ナイロンベルトに変更したら、きれいに解決してしまたったのです!

ナイロンベルトで劇的に改善!

解決してしまった、というのも変な表現ですが、見た目のカッコよさを狙ったカスタムだったので、予想外の展開にビックリというところ。

ともかくナイロンベルトは、ぴったりフィット!

ナイロンベルトに交換してMIL-SHOCK化したG-SHOCK「GA-100-1A1」
ナイロンベルトに交換してMIL-SHOCK化したG-SHOCK「GA-100-1A1」

 
ベルトが手首からはみ出ることもなく、グラつくこともなくなりました!

「GA-100-1A1」のゴツゴツした力感を損ねることなくルックスと装着感が向上する、素晴らしいカスタムの完成です!(自画自賛)

見た目と違って大人しい腕時計

最後に腕時計自体の感想を記しておきます。

しばらく使ってみて思ったのは、「見た目と違って大人しい腕時計」ということ。

ナイロンベルトに交換してMIL-SHOCK化したG-SHOCK「GA-100-1A1」
ナイロンベルトに交換してMIL-SHOCK化したG-SHOCK「GA-100-1A1」

 
というのも、この「GA-100-1A1」は、ボタンを押しても音が鳴らないのです。

私が持っているカシオの腕時計で操作音が鳴らないのは、この「GA-100-1A1」だけ(※)。

(※)アナログ時計は除く

ボタンを押すたび、ピッとなるのが当たり前と思っていたので、とっても違和感がありました。

ボタンは大きく押しやすいのですが、リアクションがないため操作感は今一つ。

慣れるまで少し時間がかかりそうです。

もちろん、アラームとタイマーのときは音が鳴りますが、その音量はゴツゴツとした力強い外観に似つかない控えめなもの。

これにはちょっと拍子抜けしました。

とはいえ、これは大きな減点材料ではありません。

このルックスにほれ込めるか?

その理由は、クールな配色と無骨な外観の取り合わせの妙こそが、この腕時計「GA-100-1A1」最大の魅力だからです。

このルックスにほれ込めるか?

ナイロンベルトに交換してMIL-SHOCK化したG-SHOCK「GA-100-1A1」
ナイロンベルトに交換してMIL-SHOCK化したG-SHOCK「GA-100-1A1」

 
「GA-100-1A1」がお気に入りの1本になるか否は、この一点にかかっているといってもいいでしょう。

いつもは細かいところに注文をつける私ですが、「GA-100-1A1」のデザイン面に気になるところはありません。

となると、気になるのはベルトの装着感だけ。

ナイロンベルトに交換してMIL-SHOCK化したG-SHOCK「GA-100-1A1」
ナイロンベルトに交換してMIL-SHOCK化したG-SHOCK「GA-100-1A1」

 
その問題もナイロンベルト・カスタムにより見事解決。

私にとって、欠かせないアイテムの一つになりました!

ナイロンベルトへの変更は、少々コツが必要ですが、「DW-5600E-1」よりも簡単なので、あなたもチャレンジしてみませんか?

興味のある方は、こちらの動画でご確認ください。

 

GA-100-1A1のご購入は、管理人おすすめショップの「グリプス」さんで!

 

G-SHOCK GA-100-1A1
クリックすると楽天市場で商品の詳細が確認できます


 
▼スポンサーリンク

チープカシオ・チープシチズン完全ガイドはこちら!


この記事はあなたのお役に立ちましたか?

本日も人気ブログランキングの応援クリックありがとうございます。

あなたの応援のおかげで、こうして記事が書けました。

時計・人気ブログランキングへ

3件のコメント

  • biti

    お暑ぅございます、梅雨はどこに行ったのでしょうか?さてGの9110を探して

    居たら、昨年のイルカクジラを発見してしまいました(汗)結局手に入れて(^^;

    去年、子供にこのベビーGを与えたのですが・・その時男性用のGWX-8903K-7JR

    かなり気になりました・・・しかし、ガルフマスターが欲しくてそちらに?したの

    です㊙性懲りもなく、9110を探していたのに。実はまた?show様に、伺いたいのです?

    dw9900という昔のフロッグマン、電池切れでしたが再生を?と思い引っ張りだした所

    あっさりと(´;ω;`)経年変化による加水分解?ベルトが千切れてしまい、どうせならば?

    と、ナイロンベルトにしては?と思いましたが・・どうも型番が合わないようです。

    NATOのベルトだけでは?イマイチと思案中なのですが・・何かアドバイスがあればと

    お伺いしたく?書き込ませていただきました。暑い日が続きますので熱中症等には

    お気を付けください。

    • Show

      本当に暑いですね!
      朝起きた時点で室温が31度もあって、うんざりします…

      ところで、DW9900にNATOベルトとのことですが、アダプターなしでは難しいかもしれませんね。

      でも、バンビのこちらのバンドなら付くかもしれません。

      http://www.bambi.jp/products/detail/45?

      現物を合わせてみないと何とも言えませんが、バンド交換方法を見ると何とかなりそうな感じです。

      http://www.bambi.jp/band/change.html
      (下の方のB-X取付方法をご参照ください)

  • biti

    おはようございます。いつもお世話様です。上記の通り、検討します。

    摩訶不思議なGの世界?(^^;アレコレ弄れるのもCASIOの魅力ですね。

    強靭な造りに対し、加水分解という?刹那的な運命・・・・

    3分間しか生きられない?ウルトラマンの様です(–: ありがとうございました。

コメントを残す




*