トリプル構成ワールドタイム・カシオAEQ-200W-1Aレビュー!

カシオ腕時計AEQ-200W-1A
カシオ腕時計AEQ-200W-1A

 
さて今回は前回予告したとおり、楽天市場に出店のグリプスさまからご提供いただいた腕時計をレビューします!

見た目はまるでG-SHOCK

その腕時計は「3つの時計を内蔵」するという、「いかにもカシオ」なゴチャゴチャ感満載の「AEQ-200W-1A」。

こんな感じの腕時計です。

カシオ腕時計AEQ-200W-1A
見た目はまるで、G-SHOCKそのもの
カシオ腕時計AEQ-200W-1A
見た目はまるで、G-SHOCKそのもの

 

カシオ腕時計AEQ-200W-1A
G-SHOCK GW-8900A-7(左)との比較
カシオ腕時計AEQ-200W-1A
G-SHOCK GW-8900A-7(左)との比較

 
大型モデルのG-SHOCK 8900と並べみても、見た目の迫力、重厚感はほとんど互角。

カシオ腕時計AEQ-200W-1A
G-SHOCK DW-5600-E1(左)との比較
カシオ腕時計AEQ-200W-1A
G-SHOCK DW-5600-E1(左)との比較

 
小型モデルのG-SHOCK 5600が相手なら、「AEQ-200W-1A」のほうが力強く感じるほどです!

触った感じもほとんど差はなく、G-SHOCKの耐衝撃性能が必要なければ「こっちで十分」な気がします。

細かく言うと、G-SHOCKはボディに弾力性がありますが、「AEQ-200W-1A」はカチカチで弾力性がない、という違いがあります。

カシオ腕時計AEQ-200W-1A
G-SHOCK GW-8900A-7(左)との比較
カシオ腕時計AEQ-200W-1A
G-SHOCK GW-8900A-7(左)との比較

 
G-SHOCKはボディに弾力性を持たせることで耐衝撃性能を高めていますが、「AEQ-200W-1A」には、そこまでの配慮はありません。

違いの理由は、ボディの素材。

G-SHOCKの素材は「ウレタン」ですが、「AEQ-200W-1A」は「レジン」なので、弾力性がないのです。

カシオ腕時計AEQ-200W-1A
G-SHOCK DW-5600-E1(左)との比較
カシオ腕時計AEQ-200W-1A
G-SHOCK DW-5600-E1(左)との比較

 
とはいっても、普通に使う分には何ら支障はありません。

というか、G-SHOCKの耐衝撃性能が必要な状況なんて、日常生活ではまず訪れることはありませんからね。

そもそも、そんな状況に遭遇したら、持ち主の命にかかわる一大事です(笑)。

カシオ腕時計AEQ-200W-1A
手首周り17cmの筆者による装着例
カシオ腕時計AEQ-200W-1A
手首周り17cm(筆者)による装着例

 
逆に「AEQ-200W-1A」のボディは、加水分解(※)の心配がほとんどありませんから、G-SHOCKより長持ちしそう。

(※)経年劣化の一つで、ウレタンが水に反応してボロボロになってしまうこと。長期間使用せずに放置すると劣化しやすくなる。

ベルトの劣化問題は存在しますが、他モデルのベルトが移植できそうなので、メーカーに在庫が無くなったとしても何とかなると思います。

レビュー動画(外観・G-SHOCKとの比較編)

G-SHOCKそっくりさんは嫌いですか?

とはいえ(たとえそれがカシオ製だとしても)G-SHOCKのそっくりさんを身に着けることに抵抗がある方もいらっしゃるでしょう。

「G-SHOCKっぽい腕時計を買うくらいなら、もう少しお金を出してG-SHOCKを買うよ」という言葉には説得力があります。

G-SHOCKっぽいチープカシオ
筆者お気に入りの
「G-SHOCKっぽいチープカシオ」
安っぽいけど憎めない

 

 
過剰とも思える機能・性能が詰め込まれている所に価値があるのであって、単に見た目が似てるだけじゃダメなんですよね。

カシオ腕時計AEQ-200W-1A
G-SHOCKそっくりなルックス
カシオ腕時計AEQ-200W-1A
G-SHOCKそっくりなルックス

 
でも、この「AEQ-200W-1A」には、G-SHOCKにも存在しない、特別な機能があるのです!

 トリプル構成のワールドタイム

1 2 3 4 5

腕時計フォーラム(掲示板)


質問・雑談など自由に書き込める、腕時計フォーラムをぜひご利用ください!

腕時計フォーラムへ

 

この記事はあなたのお役に立ちましたか?

本日も人気ブログランキングの応援クリックありがとうございます。

あなたの応援のおかげで、こうして記事が書けました。

時計・人気ブログランキングへ

4件のコメント

  • GEN

    あけましておめでとうございます

    このAEQ-200WはGショック程のタフさがないだけで、凄く
    魅力的なのが伝わってきました
    私は日本以外の時間が気になった事がないのでワールドタイム
    の機能を使いこなせませんが、スケルトン針はボタン操作で退避
    する針よりも良いように思います

    ところでこのモデルのベルトはGショックからの流用なのでしょう
    か?
    ベルトや遊環の厚みもGショックと同じように見えたので気になり
    ました

    • Show

      あけましておめでとうございます。
      今年もよろしくお願いします!

      幅や厚さなど、Gショック 8900のベルトとほとんど同じなのですが、接合個所の本体側の窪み(凹)とベルト側の突起(凸)の幅が合わないので、流用は難しそうです。

      Gショックのほうが凸凹の幅が狭いので、AEQ-200Wに取り付けるにはスペーサーが必要
      です。
      プラ板で何とかなりそうですが、やってみないと何とも言えませんね。

      ワールドタイムは私も使いこなせてませんよ。
      せいぜい、日本は年が明けたけど、ニューヨークはまだ2016年なんだんだな、と確認したぐらいです(笑)

  • こりお

    こんにちは。
    AEQ-200Wではありませんが、最近AE-3000Wを買いました。
    為替取引をするのに、東京、ニューヨーク、ロンドンの時間を把握するのに最適です。
    この時計、何も押さなくてもデフォルトの表示が3都市なんです。
    しかも24H表示可能なので、午前、午後も一目でわかります。
    こんな時計今までなかったと思います。
    ぜひレビューしてほしいです。(‘ω’)

    • Show

      AE-3000Wを検索してみました!
      3都市同時表示はすごいですね。私も記憶にありませんよ。

      2段目の時刻に飛行機?のマークもついてたりして、どんな機能があるのかとても興味深いです。

      レビュー待ちの時計がいくつか控えているので、少し時間がかかると思いますが、ぜひレビューしてみたいと思います。

Show にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください