1970年代風のレトロモダンなデジタルウォッチ「MTC7001-BK1A」レビュー!

1970年代風のレトロモダンなデジタルウォッチ!ザ・クロックハウス「MTC7001-BK1A」レビュー
1970年代風のレトロモダンなデジタルウォッチ!ザ・クロックハウス「MTC7001-BK1A」レビュー

 
やっぱり通販は、届くまでわからないものですね。

危うく本ブログ初の「買ってガッカリ」なレビューになるところでした!
(実際には買ってよかったと思ってます)

1970年代風のレトロモダンなデジタルウォッチ!ザ・クロックハウス「MTC7001-BK1A」レビュー
1970年代風のレトロモダンなデジタルウォッチ!ザ・クロックハウス「MTC7001-BK1A」レビュー

 
ということで、今回は時計自体のクオリティーだけでなく、そのへんの経緯についてもお話しすることにいたします。

レトロモダンな腕時計を衝動買い!

でもって、今回購入したのがこちら。

1970年代風のレトロモダンなデジタルウォッチ!ザ・クロックハウス「MTC7001-BK1A」レビュー
1970年代風のレトロモダンなデジタルウォッチ!ザ・クロックハウス「MTC7001-BK1A」レビュー

 
ザ・クロックハウスの「MTC7001-BK1A」です。

商品写真を見た瞬間「これだ!」とひらめいて、即ポチッと注文しました。

1970年代風のレトロモダンなデジタルウォッチ!ザ・クロックハウス「MTC7001-BK1A」レビュー
1970年代風のレトロモダンなデジタルウォッチ!ザ・クロックハウス「MTC7001-BK1A」レビュー

 
ただ、この即決こそが、後にガッカリ感を味わうことになる最大の理由なんですが、この時点では知るよしもなく…

まあ、一応「ザ・クロックハウスとは何ぞや?」ってところは、確認したんですけどね。

ザ・クロックハウスとは

日本全国に266店舗 (2019年8月期現在)を構える時計専門店。

自社に修理部門も抱えており、アフターメンテナンスにも力を入れている。

私が購入した「MTC7001-BK1A」は、同社が企画したオリジナルウォッチで「レトロモダン」がデザインコンセプトとのこと。

届いてガッカリ?

それはともかく、待望の商品が届いたわけです
期待値は当然マックス状態!

そして、ワクワクの開封です!

1970年代風のレトロモダンなデジタルウォッチ!ザ・クロックハウス「MTC7001-BK1A」レビュー
1970年代風のレトロモダンなデジタルウォッチ!ザ・クロックハウス「MTC7001-BK1A」レビュー

 
待ってました!
オールステンレスのデジタルウォッチ!

しかし、なぜか違和感が…

1970年代風のレトロモダンなデジタルウォッチ!ザ・クロックハウス「MTC7001-BK1A」レビュー
1970年代風のレトロモダンなデジタルウォッチ!ザ・クロックハウス「MTC7001-BK1A」レビュー

 
写真と雰囲気違いません?

なんか思ってたより大きいんですけど…

チープカシオ人気No.1の「A158WA-1」と比べるとこんな感じ。

1970年代風のレトロモダンなデジタルウォッチ!ザ・クロックハウス「MTC7001-BK1A」レビュー
1970年代風のレトロモダンなデジタルウォッチ!ザ・クロックハウス「MTC7001-BK1A」レビュー

 
一回り、いや、二回り大きいですね。

「A158WA-1」サイズをイメージしていただけにガッカリしました。

大きいからダメなわけじゃない!

ただ、よくよく考えてみると、大きいからダメというわけじゃないんですよね。

そのいい例が、このチープカシオ「B650WD-1A」です。

1970年代風のレトロモダンなデジタルウォッチ!ザ・クロックハウス「MTC7001-BK1A」レビュー
1970年代風のレトロモダンなデジタルウォッチ!ザ・クロックハウス「MTC7001-BK1A」レビュー

 
デジタル時計が好きな方ならご理解いただけると思いますが、まさにデジタルウォッチの王道スタイル!

でも、大きいくてガッカリ、ということはありませんでした。

その理由は簡単で、最初から大きいことが分かっていたから。

1970年代風のレトロモダンなデジタルウォッチ!ザ・クロックハウス「MTC7001-BK1A」レビュー
1970年代風のレトロモダンなデジタルウォッチ!ザ・クロックハウス「MTC7001-BK1A」レビュー

 
イメージ通りのものが届いたので、満足できるのも当然です。

(もちろん、いい意味で期待を裏切られるケースもありますが、それは例外ということで)

よく確認して注文しよう!

で、改めて「MTC7001-BK1A」の商品ページを読んでみると、ちゃんとケースサイズ39mmと書いてありました。

1970年代風のレトロモダンなデジタルウォッチ!ザ・クロックハウス「MTC7001-BK1A」レビュー
1970年代風のレトロモダンなデジタルウォッチ!ザ・クロックハウス「MTC7001-BK1A」レビュー

 
つまり、私が勝手に小ぶりなケースをイメージしていただけだったのです(苦笑)

要は、勝手に想像を膨らました結果、実物とのギャップが出来上がったという話…

1970年代風のレトロモダンなデジタルウォッチ!ザ・クロックハウス「MTC7001-BK1A」レビュー
1970年代風のレトロモダンなデジタルウォッチ!ザ・クロックハウス「MTC7001-BK1A」レビュー

 
これが、ガッカリの原因です。

ともかく手にはめてみよう!

ただし、これは後になって分析したこと。

実際には「せっかく買ったんだし、使わないのはもったいない」という理由で使い始めたのが実情です。

1970年代風のレトロモダンなデジタルウォッチ!ザ・クロックハウス「MTC7001-BK1A」レビュー
1970年代風のレトロモダンなデジタルウォッチ!ザ・クロックハウス「MTC7001-BK1A」レビュー

 
しかし結果的には、それが良かった!

時計単体で見ると、大きくてぬるい感じがしましたが、手にはめると印象が一変!

1970年代風のレトロモダンなデジタルウォッチ!ザ・クロックハウス「MTC7001-BK1A」レビュー
1970年代風のレトロモダンなデジタルウォッチ!ザ・クロックハウス「MTC7001-BK1A」レビュー

 
チープカシオでは得られない存在感が気に入りました!

1970年代風のレトロモダンなデジタルウォッチ!

レトロなのにモダンというか、1970年代に描かれていた近未来感ここにあり!という感じです。

1970年代風のレトロモダンなデジタルウォッチ!ザ・クロックハウス「MTC7001-BK1A」レビュー
1970年代風のレトロモダンなデジタルウォッチ!ザ・クロックハウス「MTC7001-BK1A」レビュー

 
オールステンレスの存在感が、くせになります(笑)

デジタルのオールステンレス(フルメタル)といえば、カシオにもG-SHOCKがありますが、それよりずっとお手頃価格なのが魅力的!

1970年代風のレトロモダンなデジタルウォッチ!ザ・クロックハウス「MTC7001-BK1A」レビュー
1970年代風のレトロモダンなデジタルウォッチ!ザ・クロックハウス「MTC7001-BK1A」レビュー

 
重厚感こそフルメタルG-SHOCKより劣りますが、装着すると価格以上の満足感です。

腕時計は腕にはめた状態で評価すべき!

やはり、腕時計は腕にはめてカッコいいか?(気に入ったか?)で評価すべきものですね。

1970年代風のレトロモダンなデジタルウォッチ!ザ・クロックハウス「MTC7001-BK1A」レビュー
1970年代風のレトロモダンなデジタルウォッチ!ザ・クロックハウス「MTC7001-BK1A」レビュー

 
最初は「大きくてぬるく」感じたデザインですが、逆にこれこそ「MTC7001-BK1A」のコンセプトである「レトロモダン」だったのです。

気になる点も少しある…

そんなこんなで、ようやく手にした1970年代風のレトロモダンな「MTC7001-BK1A」ですが、若干気になる点もありました。

中でも一番気になったのは、液晶の視認性が若干低いところです。

1970年代風のレトロモダンなデジタルウォッチ!ザ・クロックハウス「MTC7001-BK1A」レビュー
1970年代風のレトロモダンなデジタルウォッチ!ザ・クロックハウス「MTC7001-BK1A」レビュー

 
多くのデジタル時計がそうであるように、すこし斜めから見たときが最もクリアーに見えるのですが、快適に見える視野角が少し狭い。

実用上問題ないレベルとはいえ、A158WA-1などのチープカシオと比べると物足りないのは否めません。

ライトはカッコよく光るが…

これはおそらく、ライトをカッコよく光らせたことの副作用です。

1970年代風のレトロモダンなデジタルウォッチ!ザ・クロックハウス「MTC7001-BK1A」レビュー
1970年代風のレトロモダンなデジタルウォッチ!ザ・クロックハウス「MTC7001-BK1A」レビュー

 
このように文字が美しく光る(昔の電卓みたいでカッコいい)のですが、昼間の視認性が犠牲になるのでは本末転倒のような気がします。

表面仕上げも少し粗い…

次に気になったのが、表面仕上げの粗さです。

本体、ベルトともに半光沢のヘアライン仕上げですが、ヘアラインの目が不均一なので、きめ細かさに欠けています。

1970年代風のレトロモダンなデジタルウォッチ!ザ・クロックハウス「MTC7001-BK1A」レビュー
1970年代風のレトロモダンなデジタルウォッチ!ザ・クロックハウス「MTC7001-BK1A」レビュー

 
ベルト継ぎ目部分にザラつき(プレスしてそのままな感じ)があるのも残念です。

満足度の高い腕時計には違いない!

とはいえ、いずれも軽微なことで、全体的には満足度の高い腕時計に仕上がっています(大きさのことはもう忘れた^_^)

1970年代風のレトロモダンなデジタルウォッチ!ザ・クロックハウス「MTC7001-BK1A」レビュー
1970年代風のレトロモダンなデジタルウォッチ!ザ・クロックハウス「MTC7001-BK1A」レビュー

 
細かいことを言い出したら、きりがないですしね(1万円未満の腕時計なら及第点です)

厳しい言い方もしましたが、蛇腹ベルトのレトロ感は満点ですし、滑らかで腕に良くなじみます。

1970年代風のレトロモダンなデジタルウォッチ!ザ・クロックハウス「MTC7001-BK1A」レビュー
1970年代風のレトロモダンなデジタルウォッチ!ザ・クロックハウス「MTC7001-BK1A」レビュー

 
側面のポリッシュ仕上げも美しいです。

機能的には極めてシンプル!

一方、機能的には極めてシンプルな設計で、付加機能はアラームとストップウォッチだけ。

1970年代風のレトロモダンなデジタルウォッチ!ザ・クロックハウス「MTC7001-BK1A」レビュー
1970年代風のレトロモダンなデジタルウォッチ!ザ・クロックハウス「MTC7001-BK1A」レビュー

 
ですが、このデザインであれば、そのぐらいシンプルな方が好ましいはず。

むしろ1970年代スタイルにこだわるなら、むしろ時刻表示だけで良かったかも。

1970年代風のレトロモダンなデジタルウォッチ!ザ・クロックハウス「MTC7001-BK1A」レビュー
1970年代風のレトロモダンなデジタルウォッチ!ザ・クロックハウス「MTC7001-BK1A」レビュー

生きててよかった(笑)

あーだこーだ言いましたが、2020年目前の今、1970年代スタイルのデジタルウォッチが手に入るとは!

1970年代風のレトロモダンなデジタルウォッチ!ザ・クロックハウス「MTC7001-BK1A」レビュー
1970年代風のレトロモダンなデジタルウォッチ!ザ・クロックハウス「MTC7001-BK1A」レビュー

 
生きててよかった(笑)

この腕時計を眺めながら、欲しくてたまらなかったデジタルウォッチに想いをはせて、しばし郷愁に浸ってみます。

動画レビューもご覧ください!

注文するならベルト調整を依頼しよう!

最後にひとつアドバイス!

もしこの腕時計を注文されるなら、ベルト調整(もちろん無料!)を同時に依頼することをおすすめします。

1970年代風のレトロモダンなデジタルウォッチ!ザ・クロックハウス「MTC7001-BK1A」レビュー
1970年代風のレトロモダンなデジタルウォッチ!ザ・クロックハウス「MTC7001-BK1A」レビュー

 
私もサイズ調整を依頼しましたが、指定サイズ(17cm)ピッタリに調整してくれました。

さすがは時計専門店だけのことはありますね。

1970年代風のレトロモダンなデジタルウォッチ!ザ・クロックハウス「MTC7001-BK1A」レビュー
1970年代風のレトロモダンなデジタルウォッチ!ザ・クロックハウス「MTC7001-BK1A」レビュー

 
アフターメンテナンスにも力を入れてるようですし、実店舗も充実してるので何かあったときも安心です!


MTC7001-BK1A
クリックすると楽天市場で商品の詳細が確認できます

Amazonはこちら


MTC7001-WH1A
クリックすると楽天市場で商品の詳細が確認できます

Amazonはこちら


MTC7001-GY1A
クリックすると楽天市場で商品の詳細が確認できます

Amazonはこちら


ということで、また次の記事でお会いしましょう!

 

PS:ケースの形が違うバリエーションモデルの「まとめ記事」もあわせてどうぞ。

腕時計フォーラム(Facebook)

Facebookで腕時計を語り合いましょう!

腕時計フォーラム(Facebook)はこちら


 

この記事はあなたのお役に立ちましたか?

本日も人気ブログランキングの応援クリックありがとうございます。

あなたの応援のおかげで、こうして記事が書けました。

時計・人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください