腕時計のパーツ入替カスタムに挑戦してみた!Pt.2

腕時計のパーツを入替えてカスタムしてみた(Pt.2)
腕時計のパーツを入替えてカスタムしてみた(Pt.2)

 
さて、前回の記事でお約束したとおり、今度こそ中身を入替えました!

 

▼スポンサーリンク


前回は思わぬトラブル(※)で中身入れ替えの余力がなかったので、今回こそ正真正銘、中身入れ替えカスタムの巻なのです!

(※)中身入れ替えの前に、ベルト入替えを試したところ、ひとつはベルトの付け根が「ゆるゆる」、もうひとつは「きつきつ」になってしまい、うまく入れ替えることができませんでした。

前回の記事はこちら

中身入れ替えカスタムとは?

最初に「中身入れ替えカスタム」とは何か、簡単に振り返っておきましょう。

前回やりたかった「中身入れ替えカスタム」というのは…

腕時計のパーツを入替えてカスタムしてみた(Pt.2)
腕時計のパーツを入替えてカスタムしてみた(Pt.2)

この二つの腕時計の中身を入れ替えて…

腕時計のパーツを入替えてカスタムしてみた(Pt.2)
腕時計のパーツを入替えてカスタムしてみた(Pt.2)

こんな感じに、「ノーマル液晶と反転液晶の組み合わせを変えてしまおう!」(※)

というものです。

で、前回記事では横道にそれてしまって、今回に延期したのでした。

(※)カスタム後の写真は合成です。
本当の写真は記事の終盤に載せてます。

プチトラブルが発生するも、入れ替え作業は無事終了!

中身入れ替えカスタムの概要を確認したところで、いよいよ、実践結果の確認に進みましょう。

作業の流れは、概ねこんな感じ。

作業の流れ

  1. ベルトを外す
  2. 裏蓋を外す
  3. 中身(モジュール)を取り出す
  4. 中身(モジュール)を入れ替える
  5. 裏蓋を取り付ける
  6. ベルトを取り付ける

中身の出し入れが一番難しいところですが、落ち着いて作業すれば大丈夫。

途中で「プチトラブル」が2つありましたが、入れ替え作業は無事終了しました。

プチトラブル

  1. 反転液晶のモード変更ができない
    リセットすることで、モード変更できるようになりました。
  2.  

  3. ノーマル液晶の音が出ない
    裏蓋の共鳴板と通電用のバネが接触不良をおこしたようですが、何度か取り付けなおしていたら、音が出るようになりました。

後は写真を撮って、もろもろ編集したら記事公開!

と思っていたのですが…

(一部動画でネタバレしてますので、興味のある方は先に進む前に上の動画でネタ探ししてみてください)

 反転液晶がやけに見づらい…

1 2 3 4 5 6 7

この記事はあなたのお役に立ちましたか?

本日も人気ブログランキングの応援クリックありがとうございます。

あなたの応援のおかげで、こうして記事が書けました。

時計・人気ブログランキングへ

チープカシオ・チープシチズン完全ガイドはこちら!


 

2件のコメント

  • GEN

    こんばんは
    中身の入れ替え成功お疲れ様です
    タフソーラーの裏蓋を開けた事がなかったので、ソーラーパネルとモジュールが小さいスプリングで繋がっているのを初めて知りました

    聞いた話ではタフソーラーの二次電池は電圧が2.4VでCR1616が3.0Vらしいです
    ソーラーパネルとモジュールを繋ぐスプリングを外して通常の電池を入れてもとりあえず動くのでしょうが、お奨めできないそうです

    今回のカスタムを見て私も似たような事をやってみたくなりました

    • Show

      なるほど!
      二次電池と普通のコイン電池では電圧が違うんですね。
      それだと、それこそ壊れてしまいそうです。
      (スプリングが見つかってよかった)

      動画を見返してみると、モジュールを取り出したときに、接触不良が起きたようなので、取り出すときはそーっとはずしてくださいね。

      そうすればたぶん問題なくカスタムできると思います。

コメントを残す





*