ステンレスケースのデジタルウォッチ!カシオA1000レビュー!

CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW

ついにカシオから、フルステンレスのデジタルウォッチが登場しました!

その名も、A1000M-1B(黒文字盤)とA1000D-7(白)です。

CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW
CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW

 
堂々としたたたずまいで、とってもカッコいいですね!

待ちに待った、ステンレスケースのデジタルウォッチ!

きっとあなたも、この日が来るのを、今か?今か?と、待っていたんじゃないですか?

CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW
CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW

 
といっても海外では、昨年(2019年)秋ごろに販売されていましたので、カシオ好きのあなたなら、すでにご承知のことかもしれませんね。

そして、カシオ好きであればあるほど、この腕時計(A1000)が、日本では販売されないことも分かっていたはず。

CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW
CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW

 
おそらく国・地域によって、腕時計の販売戦略が異なるのでしょう。

この腕時計(A1000)を日本に投入しても、それほど売れないと考えているのかもしれません。

(主力のG-SHOCKを差し置いて売れたりすると、逆に困ってしまうのかも?)

手に入れたいなら、個人輸入するしかない?

ともかく、日本に居ながらにして、この腕時計(A1000)を入手するには、逆輸入しなければなりません。

CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW

もちろん、オークションサイトやフリーマーケットを利用すれば、いち早く手にすることもできました。

ですが、それらを利用するのは心理的ハードルが高いのもまた事実。

正直私も、全く利用したことがありません。

「つきのとけいてん」様で販売開始!

その理由は、少し待っていれば「つきのとけいてん」様が、輸入販売してくれるから。

チープカシオならネットショップ随一の品揃え

モノによっては、すこし割高になることもありますが、ショップ独自の保証も付けてくれますから、何かと安心できるのです。

もちろん、今回ご紹介するA1000も「つきのとけいてん」様が輸入してくださった商品です。

CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW

「つきのとけいてん」様、ありがとうございます!

フルステンレスの価値はどこに?

さてさて、念願かなってようやく手にした、フルステンレスのデジタルウォッチ。

こうして手にして眺めていると、感慨深いものがありますね。

CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW
CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW

 
そもそもデジタルウォッチの外装は、当初はステンレス製だったのです。

ところが、1990年代にさしかかった頃から、樹脂にメッキという、現在のスタイルに置き換えられていきました。

CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW
CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW

 
写真左のA700W-1Aや、同右のA158WA-1も一見金属ケースに見えますが、ともに樹脂にメッキ加工されたもの。

しかし、A700のエッジは極めてシャープで「これはメッキ」と分かっていても、金属(ステンレス)製にしか見えません。

CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW
CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW

 
これほど高い技術(メッキ)があるのなら、わざわざ高いコストをかけてまで、ステンレスケースにこだわる必要はありませんよね?

A158のエッジはやや甘めですが、これはそういうデザインを狙っているからであり、決して仕上げが甘いということではないのですから。

フルメタルのデジタルウォッチは2018年、既に発売されていた!

見た目的にもステンレスに匹敵しているうえに、軽くて安いとなれば、もはや樹脂ケースのデメリットを探すほうが難しいほど。

しかも、フルメタルのデジタルウォッチは、すでに一昨年(2018年)、当のカシオから販売されています。

それが、このフルメタルG-SHOCKです!

CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW
CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW

 
もちろん、このG-SHOCKのプレスリリースを見た瞬間、これは絶対買わなければ、と思って発売初日に予約しました。

そして待つこと数カ月。

手にした瞬間、それはそれは、うれしかったことを今でもはっきり覚えています。

CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW
CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW

 
しかし同時に、フルメタルのスタンダードデジタルが発売される可能性は無くなったな、とガッカリする気持ちも生まれました。

フルメタルG-SHOCKで十分なのでは?

フルメタルG-SHOCKを手にしていながら、これ以上何を望むのか?

CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW
CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW

 
言われてみれば、確かにそうです。

これほど高級感があって、カッコいいデジタルウォッチは、他を探してもまず見つかりません。

ステンレスケースのスタンダード・デジタルウォッチが欲しい!

ですが、それでも、ステンレスケースのスタンダード・デジタルウォッチが欲しかったのです。

CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW
CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW

 
それはもはや─

  • プラスチックのように劣化しない
  • メッキがはがれる心配もない
  • ずっしりとした重量感がある

といった、ステンレスケースのメリットなどというものを超越した、70~80年代のデジタルウォッチへの郷愁に他ならないのかもしれません。

CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW
CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW

1979年製のカシオ・デジタル。人生初の腕時計。

機能的にはチープカシオと全く同じ

ハッキリ言って、この腕時計(A1000)は、機能的にはチープカシオと何ら変わりがありません。

CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW
CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW

 
装備されているのは─

  • 12時間と24時間表示の切り替え
  • アラーム
  • 時報
  • ストップウォッチ

という、デジタル時計としては、ごくごくシンプルな構成です。

CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW
CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW

(こちらはチープカシオ)

遠目にチラッと見るだけなら、チープカシオの新商品といわれても、何ら不自然に感じることはないでしょう。

CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW
CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW

(左がノーマル液晶に改造したA1000、右がチープカシオA158)

ですが、細部を見ていくとチープカシオとは一線を画す開発者のこだわりが、ひしひしと伝わってくるのです。

最大の魅力はステンレスの外装!

その中でも、この腕時計(A1000)の最大の魅力は、なんといってもステンレスの外装です。

研ぎ澄まされた精悍なフォルムと、シャープなエッジ。

CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW
CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW

 
ポリッシュとサテン仕上げの、美麗なコンビネーション。

この仕上げと質感は、ステンレス素材ならではです。

一見、メッキケースのA158と大差ないようにも思えますが、やはりステンレスの素材感には、言葉では言い尽くせないオーラがあります。

CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW
CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW

 
しかも、裏蓋にまで美しいヘアライン仕上げを施すほどの凝りようです。

白く光るLEDライト

力が入っているのは、何も外装ばかりではありません。

その一つが、白く光るLEDライト。

CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW
CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW

 
白色LEDライトは、近年のG-SHOCKにも積極的に採用されており、従来色のLEDより一段とクールに発光します。

マザーオブパールの文字盤!

そして極めつけは、マザーオブパールの文字盤です。

ただし、このマザーオブパールには、賛否両論ありそうです。

CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW
CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW

 
正直、私も実物を見るまでは、唯一ここが否定ポイントでした。

やはりここは、A700やA158のような、昔ながらの文字盤にしてほしかった…

カシオのデジタルウォッチは、「文字盤にゴチャゴチャッと色々書いてあるのがダサカッコいい」そう思っていたのです。

CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW
CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW

 
ですが、実物を手にした瞬間、その評価は一変しました。

角度を変える度に虹色に光る、マザーオブパールの輝きは、何とも言えない高級感があり、とってもオシャレに輝くのです。。

なにも、すべてを昔風に再現すればいい訳じゃないんですね。

CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW
CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW

 
文字表記は最低限の構成で、素材の美しさで勝負する。

このデザインが気に入りました!

立体加工のCASIOロゴ!

更に言うなら、CASIOのロゴもカッコいい。

別パーツの立体ロゴが、マザーオブパールとともにキラっと光る、この文字盤の輝きは、従来のチープカシオにはない魅力です。

CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW
CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW

 
液晶を囲むラインも別パーツの立体構成になっており、スタンダードグレードとはいえワンランク上に仕上げてあることがうかがえます。

ケースサイドにはボタンガードが設けられるなど、ちょっぴりフルメタルG-SHOCKのエッセンスもちりばめられています。

バンドは2種類!

バンドは文字盤カラー別に、2種類のデザインに分かれています。

ホワイト文字盤のA1000D-7Eには、ワンタッチで取り外し可能なプッシュボタン付きの三つ折れ3連バンド。

CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW
CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW

 
ブラック文字盤のA1000M-1Bには、スライド金具で容易にサイズ調整が可能な、ミラネーゼバンドが装備されています。

CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW
CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW

 
いずれのバンドも、ワンタッチレバー方式が採用されており、容易にバンドが交換可能。

これは「2つとも買って、バンドを交換して楽しんでね」という、開発者からのメッセージかもしれません。

CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW
CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW

 
ですがここは、オプションパーツとしての、バンド単体販売を望みたいところ。

相互交換してみたところ、ずいぶん雰囲気が変わりました。

CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW
CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW

 
バンド単体で販売されれば、さらに楽しみが増えるでしょう。

CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW
CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW

使ってこそ価値がある!

さて、念願かなって手に入れたフルステンレスのデジタルウォッチも、飾っておくだけではもったいない。

どんどん使い倒していきましょう!

このクオリティーならビジネスシーンにも対応可能!

CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW
CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW

 
写真ではチープカシオと大差ないように見えるかもしれませんが、実物を見ればその差は歴然としています。

文字盤の質感が極めて高いので、「安物だな」と思われることは、まずないでしょう。

(チープカシオがダメというわけではありませんよ、念のため)

CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW
CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW

 
もちろん、カジュアルスタイルにもマッチしますから、様々なシーンで活躍してくれそうです。

中身の入れ替えも楽しい!

手先が器用なあなたなら、2つとも買って中身を入替えるのも楽しいでしょう。

CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW
CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW

 
文字盤と液晶画面の明暗対比が克明になり、ノーマルとは一味違った印象の、カッコいい腕時計に生まれ変わります。

CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW
(バンドと中身を入れ替えたA1000)

オシャレ上級者のあなたならゴールドもアリ!

そして、オシャレ上級者のあなたなら、ゴールドモデルにしてみてはいかがでしょうか。

ゴールドなら、今回紹介したシルバーとはまた違った楽しみ方がありそうです。


クリックすると楽天市場で商品の詳細が確認できます

楽天市場
CASIO A1000MPG-9
 
アマゾン
CASIO A1000MPG-9


クリックすると楽天市場で商品の詳細が確認できます

楽天市場
CASIO A1000RG-5
 
アマゾン
CASIO A1000RG-5


クリックすると楽天市場で商品の詳細が確認できます

楽天市場
CASIO A1000MCG-9
 
アマゾン
CASIO A1000MCG-9


ゴールドの実物は見ていませんが、シルバーの質感は公式写真より実物の方が何倍も良かったので、ゴールドの質感も相当高いはずです。

反転液晶は少し見づらい

さてここまで、褒めちぎってきたわけですが、包み隠さずレビューするため、あえて欠点も指摘しましょう。

といっても、欠点らしき欠点はほとんどないのですが…

一つ目の欠点は、反転液晶モデルは、薄暗いところでは時刻が少し見づらいことです。

CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW
CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW

 
これは反転液晶共通の欠点なので、致し方ないところでもありますね。

しかし、この反転液晶はコントラストが比較的高いので、通常の使用なら不都合を感じることはまずありません。

その分カッコよさが増しているので、これを理由に購入をためらう必要はないでしょう。

CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW
CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW

重量はチープカシオの約1.6倍

二つ目の欠点は、フルステンレスになったことで、少し重くなったことです。

A158の48g、A700の50gに対して、A1000は約1.6倍の82gに増量しています。

ですが、実際に使ってみてA1000が重すぎると感じた事は、一切ありませんでした。

ちなみに、フルメタルG-SHOCK(GMW-B5000D-1)の重量は167gなので、A1000の更に倍!

CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW
(写真左がフルメタルG-SHOCK、右がA1000)

これと比べれば軽いものです。

1万円を超える販売価格

三つ目の欠点は、10,000円を超える販売価格。

数千円で買えるのがチープカシオの魅力の一つでしたが、この腕時計は1万越えです。

ここに引っ掛かりを感じる人も多いでしょう。

CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW

ですが、「一度実物を手にしてみれば、その価格に納得できる」。

私はそう思います。

そのぐらい、ステンレスケースは素晴らしいのです。

A1000はおススメなのか?

と、色々書いてきましたが、結局のところ、A1000はおススメなのか?それが気になるところでしょう。

その答えを、私の独断で申し上げるなら、ズバリ一言!

この腕時計はおススメです!

CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW

フルステンレスのスタンダード・デジタルウォッチが欲しかった、あなたに!

特に、私と同じように「フルステンレスのデジタルウォッチが欲しかった」あなたなら、買って後悔することは絶対ないはず。

CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW
CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW

 
というか、迷う必要などありません!

今すぐ注文してしまいましょう。

 つきのとけいてん(楽天市場)でA1000を注文する!

 Time Lovers(アマゾン)でA1000を注文する!

Time Loversは、つきのとけいてんの別名です(経営会社は同じ)。

チープカシオもいいけど、もう少し高級な腕時計が欲しいあなたに!

あと、「チープカシオもいいけど、もう少し高級感のある腕時計が欲しい」と思っていたあなたにも、もちろんおすすめ!

CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW
CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW

 
ちょっと(というか8倍近く)お高いのが難点ですが、腕時計全体から見れば、1万円はお安いほうです。

アナログのように針とか、文字盤の目盛とかにコストがかからないので、同じ1万円でも、ケースと文字盤にしっかり力が注がれています。

カジュアルになりがちなデジタルウォッチでありながらも、高級感はたっぷりです。

CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW

チープカシオにはない高級感に、惚れ惚れするに違いありません。

(もちろん、チプカシにはチプカシなりの良さがありますけどね)

フルメタルG-SHOCKが欲しかったけど、スルーしてしまったあなたに!

それから、「フルメタルG-SHOCKが欲しかったけど、高いとか重いとか、色々な理由で泣く泣くスルーした」あなたにもおすすめです。

CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW

価格差が約5倍もあるので、バンドの質感などは見劣りしますが、だからといって高級感も5分の1か、というとそんなことはありません。

両方使ってみましたが、A1000のクオリティーは、フルメタルG-SHOCKに何ら見劣りすることはありませんでした。

軽くて機能もシンプルなので、かえってA1000のほうが出番が多いくらいです。

CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW
CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW

 
(これまたもちろん、G-SHOCKにはG-SHOCKの良さがあります。それは認めた上でのお話です)

この腕時計に1万円の価値が見いだせないあなたには…

ただ、この腕時計(A1000)に1万円の価値を見出せない、そんな人も中にはいらっしゃることでしょう。

CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW
CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW

 
残念ですが、そんなあなたには、この腕時計(A1000)はおすすめしません。

機能的には、2,000円未満のチープカシオと同じですから「ガワ(外装)を高価にしただけの腕時計だね」そう言われれば確かにそうです。

ですが、私はそこに価値を見出せるので、この腕時計(A1000)は素晴らしいものだと、確信してます。

レビューのまとめ

ということで、最後にレビューをまとめておきましょう。

CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW

この腕時計の特徴は、以下のとおり。

  • 待望のフルステンレスのデジタルウォッチ
  • マザーオブパールの文字盤が美しい
  • ロゴと液晶の枠が別パーツで立体構造
  • ケースのエッジがシャープで美しい
  • サテン(つや消し)とポリッシュ(つや有り)のコンビネーションが美しい
  • フルメタルG-SHOCKにも匹敵する高級感
  • バンドがワンタッチレバー式で交換が簡単
  • 三つ折れバックルとスライド金具式の2種類のバンド
  • ビジネス、フォーマル、カジュアルまで対応可能
  • 2つ買ってバンドを入れ替えるのも楽しい
  • ついでに中身を入れ替えると雰囲気がもっと変わる

逆に欠点はこんな感じです。

  • 反転液晶モデルは若干視認性が劣る
  • 少し重い
  • 1万円以上とチープカシオよりも高い
  • 高価だが機能的にはチープカシオとまったく同じ

そして、おすすめしたいのは、こんな人で、

  • テンレスケースのデジタルウォッチが欲しい
  • チープカシオもいいけど、もう少し高級感のある腕時計が欲しい
  • フルメタルG-SHOCKが欲しかったけど、高いとか重いとか、色々な理由で泣く泣くスルーした

逆に、おすすめしないのは、こんな人です。

  • この腕時計(A1000)に1万円の価値を見出せない
CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW
CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW

 
とまあ、こんな感じで、カシオのデジタルウォッチが好きならば、何とか予算をかき集めて、ぜひとも手にして欲しい一品です!

CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW
CASIO VINTAGE WATCH A1000 REVIEW

 
以上、フルステンレスのデジタルウォッチ、カシオA1000のご紹介でした!


クリックすると楽天市場で商品の詳細が確認できます

楽天市場
CASIO A1000D-7
 
アマゾン
CASIO A1000D-7


クリックすると楽天市場で商品の詳細が確認できます

楽天市場
CASIO A1000M-1B
 
アマゾン
CASIO A1000M-1B


レビュー動画

関連記事

腕時計フォーラム(Facebook)

Facebookで腕時計を語り合いましょう!

腕時計フォーラム(Facebook)はこちら


 

この記事はあなたのお役に立ちましたか?

本日も人気ブログランキングの応援クリックありがとうございます。

あなたの応援のおかげで、こうして記事が書けました。

時計・人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください