タフソーラーは定期的な電池交換は不要!しかし交換は必要の矛盾?!

カシオ・タフソーラーの電池交換
カシオ・タフソーラーの電池交換

 
今回は、タフソーラーウォッチも電池交換できますよ!というお話です。

というか、タフソーラーって電池交換不要じゃないの?

と思われたかもしれませんが、実はタフソーラーも電池交換は必要です。

電池交換の実験台はこれ!

なぜ必要なのかは、あとでお話しするとして、まずは電池交換の仕方をご説明しましょう。

ちなみに、実験台になった腕時計はこちら。

カシオ・タフソーラーの電池交換
カシオ・タフソーラーの電池交換

 
W-S220C-7Bの外装に、W-S220C-1Aの中身を入れた改造モデルです。

参考記事

タフソーラーの電池交換はこうする!

といっても、やることは普通の腕時計の電池交換と何ら変わりはありません。

裏蓋を開けて、電池を取り出し、新しい電池を取付けるだけです。

写真を見ながら確認しましょう。

バンドを外す

この腕時計は、裏蓋を覆うようにバンドが上からかぶさっているので、最初にバンドを外す必要があります。

カシオ・タフソーラーの電池交換
カシオ・タフソーラーの電池交換

ほとんどのG-SHOCKも同じような構造になってますから、G-SHOCKの電池交換も同じ手順を踏むことになります。

裏蓋を止めているネジを外す

カシオ・タフソーラーの電池交換
カシオ・タフソーラーの電池交換

バンドを外したら、裏蓋を止めてあるねじを外します。

これまた、ほとんどのG-SHOCKが同じ構造ですね。

裏蓋を外す

カシオ・タフソーラーの電池交換
カシオ・タフソーラーの電池交換

ネジが外れたら裏蓋は簡単に取り外せます。

電池を覆っているシールをはがす

カシオ・タフソーラーの電池交換
カシオ・タフソーラーの電池交換

電池を覆っている、絶縁シール?をはがします。

交換後もう一度貼るので、粘着面にゴミがつかないように保管しておきましょう。

電池を固定している金具のロックを解除する

カシオ・タフソーラーの電池交換
カシオ・タフソーラーの電池交換

ピンセットの先などを金具に引っかけてロックを解除します。

電池を取り出す

カシオ・タフソーラーの電池交換
カシオ・タフソーラーの電池交換

電気を通さない樹脂製ピンセットなどで、電池をつまんで取り出します。

これが二次電池

カシオ・タフソーラーの電池交換
カシオ・タフソーラーの電池交換

あまり見かけない型番の「CTL1616F」という電池が入っていました。

これは充電型の二次電池(蓄電池)で、おそらく家電量販店やホームセンターには売ってないと思います。

そのため、一昔前はタフソーラーを自分で電池交換するは難しかったのですが、ネット通販が浸透したおかげでとても簡単になりました。

便利になりましたね。

新しい電池を取付ける

カシオ・タフソーラーの電池交換
カシオ・タフソーラーの電池交換

電池を取付けて金具をロックさせます。

シールを貼る

カシオ・タフソーラーの電池交換
カシオ・タフソーラーの電池交換

元通りシールを貼ります。

充電切れサインが点灯する

カシオ・タフソーラーの電池交換
カシオ・タフソーラーの電池交換

電池交換直後は、充電切れを示す「PS CHG」マークが点灯します(機種により異なります)。

オールクリアーする

カシオ・タフソーラーの電池交換
カシオ・タフソーラーの電池交換

ピンセットで端子をショートさせてオールクリアー(リセット)します。

フル充電サインが点灯する

カシオ・タフソーラーの電池交換
カシオ・タフソーラーの電池交換

オールクリアーすると、フル充電状態を示す「H」表示になりました。

以上で、電池交換完了です。

あとは裏蓋を締めて、バンドを取付けるだけ。

やってみれば、意外と簡単ですね。

動画はこちら

なぜタフソーラーも電池交換が必要なのか?

と、電池交換のやり方を確認したところで、最初にお話ししかけた、なぜタフソーラーも電池交換が必要なのか?についてお話ししますね。

ご覧いただいたように、タフソーラーウォッチには、普通の腕時計とは違う二次電池(蓄電池)が内蔵されてます。

カシオ・タフソーラーの電池交換
カシオ・タフソーラーの電池交換

発電した電気は一旦、二次電池に充電され、そこから電気を取り出して、時計を動かしているわけです。

ですが、この二次電池は使っているうちに性能が徐々に劣化していきます。

(スマホの電池が劣化していくのと同じ原理)

そして、二次電池が完全に劣化してしまうと、時刻が表示できなくなるので、交換が必要になるというわけです。

定期的な電池交換は不要だが、交換は必要

メーカーでもタフソーラーについては、「電池交換不要」とは言ってなくて、「定期的な電池交換は不要」と言ってます。

参考サイト

ちょっとずるい気もしますが、まあ物事には表と裏があるということでしょうか。

なんか、裏舞台を除いてしまったって感じで、複雑な感じですね。

タフソーラーのバッテリー寿命は5年から10年

でも、タフソーラーのバッテリー寿命は、5年から10年といわれていますから、普通の電池よりは長持ちです。

実感としては、普通に使っていれば10年以上は持つと思います。

いけないのは、大切なものだからとケースなどにしまいっぱなしにすること。

カシオ・タフソーラーの電池交換
カシオ・タフソーラーの電池交換

 
使わないでいると、急速に電池が劣化してしまいます。

程よく使うことが長持ちの秘訣です。

タフソーラーって電池交換不要じゃなかったのか…とガッカリした人もいらっしゃるかもしれませんね。

でも、うまく使えばスマホのように2,3年で電池がダメになることはないので、割り切って使えばいいと思います。

自分で電池交換すると防水機能は維持できない

最後に、自分で電池交換するときの注意事項をお話ししておきます。

それは、自分で電池交換すると、防水機能が維持できなくなることです。

蓋を開けてしまうので、防水機能は取扱説明書に書いてある性能は維持できなくなります。

(電池交換が必要なぐらい長期間使ったのなら、蓋を開けなくても防水機能は徐々に劣化しています)

カシオ・タフソーラーの電池交換
カシオ・タフソーラーの電池交換

 
だからといって、一度蓋を開けたら即、非防水になるわけじゃありませんよ。

パッキンにシリコングリスを塗布することで、ある程度は防水機能が保てるでしょう。


時計工具 シリコングリス SEIKO セイコー A-MY451
クリックすると楽天市場で商品の詳細が確認できます


新品のパッキンが手に入れば、パッキンも交換すればなお良しです。

でも、新品同様の防水機能を維持したいのなら、メーカーでやってもらうのが一番ですね。

カシオなら電池交換と同時に防水チェックもしてくれますので。

ということで、タフソーラーの電池交換の様子でした。

ではまた次の記事でお会いしましょう!

 

パナソニック カシオソーラー時計用純正2次電池
クリックすると楽天市場で商品の詳細が確認できます


腕時計フォーラム(Facebook)

Facebookで腕時計を語り合いましょう!

腕時計フォーラム(Facebook)はこちら


 

この記事はあなたのお役に立ちましたか?

本日も人気ブログランキングの応援クリックありがとうございます。

あなたの応援のおかげで、こうして記事が書けました。

時計・人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください