G-SHOCKキラー!カシオ腕時計(MCW-100H-1A)詳細レビュー!

カシオ腕時計 MCW-100H-1A

さて、やっとの思いで手に入れたMCW-100H-1A。
「私も欲しい!」と思った方もいらっしゃるかもしれませんね。

ただ、この記事執筆時点では、アマゾンのマーケットプレイスぐらいしか取扱店がなく、選択肢が少ないのがネックです。

さきほども申し上げたように、アマゾンのマーケットプレイスでは代金引換が使えない(代金先払いしか選べない)ので、注文をためらう方も多いと思います。

コンビニ先払いは支払手数料がなく手続き簡単!

でも今回、初めてマーケットプレイスで購入してみましたが、特に問題ありませんでしたよ!

「コンビニ先払い」ならクレジットカード情報流出のリスクや、振込手数料などの余分な出費もありません。

手続きも簡単で、流れとしては…

  1. 商品をカートに入れて支払い手続きに進む
  2. 支払方法の選択画面でコンビニ支払いを選ぶ
  3. 注文が確定すると、支払方法の選択を促すメールが届くので、メールに記載されているページを開く
  4. 開いたページで、支払い先のコンビニを選ぶ
  5. 選んだコンビニで代金を支払う

という感じです。

そして実際の支払いは、セブンイレブンが一番簡単です。

支払先にセブンイレブンを選ぶとブラウザに払込票が表示されるので、印刷してセブンイレブンに持っていき、レジで店員さんに差し出せばOK。

レジ脇においてある画面の「確認」ボタンを押したのちに、代金を支払えば手続き完了です。

(プリンターがない場合は、払込票に表示されている払込票番号をメモして、インターネットショッピングの支払いですと言ってメモを差し出します)

スマホなら印刷もメモも不要で、払込票を画面表示させて店員さんに差し出すだけなので、「スマホでセブン」が一番簡単ですね。

参考サイト:amazonで買い物した代金をセブンイレブンで支払う時、レジでバーコードをスキャンしてもらう方法。

そのほかのコンビニの場合は、店舗内の情報端末を自分で操作したのちにレジで代金を支払うことになります。

それでも手数料は不要なので、銀行振り込みよりはいいと思いますよ。

最後にまとめてカラバリ・モデルのご紹介!

アマゾンで価格を確認する
MCW-100H-1A

写真クリックでアマゾンへ
アマゾンで価格を確認する
MCW-100H-1A
アマゾンで価格を確認する
写真クリックでアマゾンへアマゾンで価格を確認する
アマゾンで価格を確認する
MCW-100H-1A2

写真クリックでアマゾンへ
アマゾンで価格を確認する
MCW-100H-1A2
アマゾンで価格を確認する
写真クリックでアマゾンへアマゾンで価格を確認する
アマゾンで価格を確認する
MCW-100H-3A

写真クリックでアマゾンへ
アマゾンで価格を確認する
MCW-100H-3A
アマゾンで価格を確認する
写真クリックでアマゾンへアマゾンで価格を確認する
アマゾンで価格を確認する
MCW-100H-9A

写真クリックでアマゾンへ
アマゾンで価格を確認する
MCW-100H-9A
アマゾンで価格を確認する
写真クリックでアマゾンへアマゾンで価格を確認する


さて最後にお約束?のカラーバリエーション・モデルのご紹介です。

私の好みは、今回購入した黒とオレンジのMCW-100H-1Aですが、黒と黄色のMCW-100H-9Aもいいですね。

私の好きな緑色が採用されているMCW-100H-9Aも、精悍なデザインと優しいグリーンのミスマッチ感が面白い感じです。

さて、あなたならどれがを選びますか?

1 2 3 4
 
▼スポンサーリンク

チープカシオ・チープシチズン完全ガイドはこちら!


この記事はあなたのお役に立ちましたか?

本日も人気ブログランキングの応援クリックありがとうございます。

あなたの応援のおかげで、こうして記事が書けました。

時計・人気ブログランキングへ

4件のコメント

  • 成田の猫好きオヤジ

    時刻と日付合わせのしづらさ、オーナーならではのコメントですね。動画も大変参考になりました。スカイコックピットはいくらか大袈裟というか、ゴツ過ぎと感じたので、MCW100も良いかと思ってます。ですが、今月は既に2本購入。24時間表示も好き、カシオMTP1246が電池切れに。よく見ると針が変色、どうやら錆びかカビ、引退です。良く通っているアメ横の伊勢屋では気に入った品が無く、冷やかしで寄った別の店でサンフレーム製多針アナログ、24時間の他に日付、レトログラートの曜日表示付きが3500円。迷わずゲット。アマゾンにロレックスのパチもの風赤針の24時間表示を見つけ、6500円程。迷わずポチッと。セイコー5自動巻も数本あり、腕が2本では足りない昨今です。

    • Show

      成田の猫好きオヤジさん、こんにちは。

      >腕が2本では足りない昨今です
      私も同じで、阿修羅か千手観音ぐらい手が必要ですね(笑)

      サンフレームといえば、同社から出てるシーレーンのSE-15がいいなと思ってるのですが、整理がつかなくなるので現在、吟味中なのです。

      ところでMCW-100Hには24時間針がついてますので、成田の猫好きオヤジさんの好みだと思いますが、成田の猫好きオヤジさんは、24時間表示のどこに魅力を感じていらっしゃるのか教えていただけますか?

      時間があるときにでも、コメントいただければ幸いです。

      • 成田の猫好きオヤジ

        私は昭和30年代生まれ、父の時計は自動巻、中学生の頃はデジタルが高嶺の花。最初に買ったのはアルバの3針クオーツ、30数年前、今でも現役。その後庶民価格になったデジタルを数本。仕事用にデイデイト付を数本経て、15年程前からセイコー5をコレクション。裏スケで眺めるムーブの動きは鼓動のよう。時刻修正用にカシオオーバーランドと一時山や海の風景写真に凝ったのでプロトレック、その他アナ、デジ含め安い電波を数本。乗り鉄でもありタキメーターを数本。5の7s26マニアは外せないタフな実用品のブラックボーイ、そして数年前に復活した国産5スポーツ。それからアナデジのGショック電波ソーラー等々。本来時間は流れるものだから、と自動巻の運針が好き。クオーツならセイコーSND367の運針が好き。そして、1日は12時間を2回に分けるのではなく、24時間との思いで24時間表示に凝り始め。さっき届いたロレ風GMTに食指を伸ばした次第です。 スイープ針は安くないのでパス。余程でなければ新品で2万円以内、あとはマメにリサイクル屋を回っています。 …いくらか熱くなり過ぎでしたかね。失礼しました。

        • Show

          コメントありがとうございます。

          なるほど!
          1日は24時間なので、時計の針も1日で一周する24時間表示がお好きなんですね。

          確かに、24時間針が22時の位置にあるのを見ると、もうすぐ一日が終わりなんだなーと、実感できますものね。

          しかしアルバとは懐かしいですね。
          小学生の頃、ジャンプとかの裏表紙に載ってた、アルバとベガのデジタルウォッチの広告を穴が開くほど見てたのを思い出しました。

          今にして思えば、子供には手が届かない値段だったので、なんとも罪づくりな広告でした。

コメントを残す




*