G-SHOCKをナイロンベルトでMIL-SHOCKに改造する手順!

G-SHOCKをナイロンベルトでMIL-SHOCKに改造する手順!
G-SHOCKをナイロンベルトでMIL-SHOCKに改造する手順!

 
腕時計に関する面白ネタを探して、日々ネット界隈を放浪している管理人のShowです。

そんな私が仕入れたネタは…

 

▼スポンサーリンク


G-SHOCK(スピードモデル)をMIL-SHOCKに!

G-SHOCKを「ミリタリー仕様」に改造する「MIL-SHOCK」カスタムです!

実際に軍用として使われている訳ではないようですが、ミリタリー感を楽しむというコンセントが面白いですね。

G-SHOCKをナイロンベルトでMIL-SHOCKに改造する手順!
G-SHOCKをナイロンベルトでMIL-SHOCKに改造する手順!

 
ナイロンベルトに交換することで、見慣れたG-SHOCKが一味違ってカッコよくなり、装着感も向上するとのこと。

これを聞いたら、素通りするわけにはいきませんね!

ということで、カスタムの一部始終を手順書形式でご紹介いたします。

MIL-SHOCKカスタム手順・必要なもの

まずは、MIL-SHOCKカスタムに必要なものを確認しましょう。

  1. G-SHOCK本体
    なにはさておき、必要なのがG-SHOCK本体!

    もちろん、愛用のG-SHOCKでもよいのですが、できれば新品を調達しましょう。

    G-SHOCKをナイロンベルトでMIL-SHOCKに改造する手順!
    G-SHOCKをナイロンベルトでMIL-SHOCKに改造する手順!

     
    これは何も「買え買え」と購入をそそのかしてるのではなく、新品(に近い状態)のほうが安全に作業できるためです。

    MIL-SHOCK化するには、オリジナルのベルトを外す必要がありますが、そのとき「バネ棒」という部品を外す作業を行います。

    しかし使い込んだG-SHOCKの場合、バネ棒が、さびで固まってしまい、外せないことよくあるのです。

    G-SHOCKをナイロンベルトでMIL-SHOCKに改造する手順!
    G-SHOCKをナイロンベルトでMIL-SHOCKに改造する手順!

    (新品に近いほど、作業が簡単)
     
    無理して外そうとすると、時計を傷つけたり、怪我をしたりしかねないので、できるだけ新しい時計でトライすることをおすすめします。

    あと、G-SHOCKなら何でもいいわけではなく、次で説明する「先環カバー」の取付可能なモデルに限定されていることにも注意が必要です。

    DW-5600、DW-6900、GA-100などに取付可能ですが、適合モデルの最新情報は、先環カバーの販売ページで必ず確認してください。

     
  2. 先環カバー
    そして、このパーツがMIL-SHOCK化のカギを握るアイテムです。

    G-SHOCKをナイロンベルトでMIL-SHOCKに改造する手順!
    G-SHOCKをナイロンベルトでMIL-SHOCKに改造する手順!

     
    このパーツにはベルトを通す輪っかがあるのでG-SHOCKに取付けることで、引き通しベルトが装着できるようになるわけです。

    ただし、先ほどご説明したとおり、取付可能なG-SHOCKは限られているので、販売ページで必ず確認してくださいね。

    先環カバーの販売ページはこちら

    MIL-SHOCK アダプター 先環カバー(楽天)

    MIL-SHOCK アダプター 先環カバー[キット付き](アマゾン)

     
  3. ナイロンベルト
    これもまた必須アイテム(というか、これを取り付けるのが最大の目的)ですね。

    先環カバーの輪に通るベルトが必要になるわけですが、幅24mm、厚さ1.4mmのベルトがジャストフィットします。

    G-SHOCKをナイロンベルトでMIL-SHOCKに改造する手順!
    G-SHOCKをナイロンベルトでMIL-SHOCKに改造する手順!

     
    先環カバーと同時購入したこのベルトがまさにそのサイズで、MIL-SHOCK専用かと思うくらいのピッタリサイズでした。

    引き通しベルトで1.4mm厚というと、かなり厚いほうなので、幅さえ合えば大抵のベルトは通ると思います。

    ナイロンベルトの販売ページはこちら

    バリスティック・ナイロン・バンド(楽天)

    (※)楽天で注文する場合は、サイズ(24mm)と色を指定してください。

    バリスティック・ナイロン バンド[簡単キット付](アマゾン)

    (※)アマゾンで注文する場合は、色を指定してください。

     
  4. バネ棒外し
    「バネ棒外し」も絶対必要な「必須アイテム」です。

    オリジナルのベルトを外すときと、先環カバーを取り付けるときに使用します。

    G-SHOCKをナイロンベルトでMIL-SHOCKに改造する手順!
    G-SHOCKをナイロンベルトでMIL-SHOCKに改造する手順!

     
    私は、先環カバーと同時注文すると、1円で買えるバネ棒外し(※1)を使いましたが、ベルトのおまけ(※2)に付いてくるものでも大丈夫です。

    バネ棒外しの販売ページはこちら

    1円カンタン初めてキット【 バネ棒はずし】(楽天)

    (※1)1円で買えるのは、先環カバーまたは時計ベルトと一緒に購入する場合に限られます。

    (※2)先環カバーをアマゾンで購入すると、バネ棒外しがおまけについてくるようです。

    私は楽天で購入したので、アマゾンのおまけ内容は分かりませんが、楽天と同じショップさんなので写真のバネ棒外しがついてくると思います。

    楽天、アマゾン共に、いつまで続くサービスか分かりませんので、終了してたらごめんなさい。

     
  5. ダンボール箱
    ここからは「できれば用意してほしいもの」になりますよ。

    G-SHOCKをナイロンベルトでMIL-SHOCKに改造する手順!
    G-SHOCKをナイロンベルトでMIL-SHOCKに改造する手順!

     
    まずダンボール箱ですが、図に書いたとおり、バネ棒の紛失防止のために使います。

    「腕時計のベルト交換あるある」といっていいほど、バネ棒はピョンと飛んで、すぐに無くなってしまうのです。

    なので、図のように箱の中で作業することをおすすめします。

    楽天、アマゾンのリンクも一応貼っておきますが、スーパーにいけばタダでもらえるので、そっちの方が断然お得ですね。

    ダンボール箱の販売ページはこちら

    ダンボール箱(楽天)

    ダンボール箱(アマゾン)

     
  6. 保護メガネ
    保護メガネは無くても作業可能ですが、安全のためできるだけ使用するようにしてください。

    G-SHOCKをナイロンベルトでMIL-SHOCKに改造する手順!
    G-SHOCKをナイロンベルトでMIL-SHOCKに改造する手順!

     
    ダンボールのところでも書いたように、バネ棒は勢いよく飛んでしまうことが良くあり、万一目に当たったら非常に危険です。

    また、バネ棒外しは先がとがっていますので、作業に夢中になるあまり、怪我をしないとも限りません。

    ですから、安全のためできるだけ保護メガネを着用するようにしてください!

    保護メガネの販売ページはこちら

    E-Value 安全ゴーグル EG-3(楽天)

    E-Value 安全ゴーグル EG-3(アマゾン)

     
  7. ゴム手袋
    ゴム手袋は、滑り止め&手汗対策になるので、着用すると作業がしやすいです。

    G-SHOCKをナイロンベルトでMIL-SHOCKに改造する手順!
    G-SHOCKをナイロンベルトでMIL-SHOCKに改造する手順!

     
    特になくても大丈夫ですが、腕時計カスタムにチャレンジするなら、あったほうが何かと便利だと思います。

    ゴム手袋の販売ページはこちら

    GloveMania 天然ゴム使いきり極薄手袋(楽天)

    GloveMania 天然ゴム使いきり極薄手袋(アマゾン)

MIL-SHOCKカスタム手順1・ベルトを外す

必要なものがそろったら、いよいよカスタム開始です!

まずはオリジナルのベルトを外しましょう!

  1. バネ棒の確認
    G-SHOCKを裏返して、ベルトの結合部分を確認してください。

    G-SHOCKをナイロンベルトでMIL-SHOCKに改造する手順!
    G-SHOCKをナイロンベルトでMIL-SHOCKに改造する手順!

     
    ベルトは図のように「バネ棒」という部品で本体に取り付けられています。

    この「バネ棒」を「バネ棒外し」を使って外していきます。

     
  2. バネ棒を押し込む
    図のように、バネ棒の突起にバネ棒外しの二股になっている所を引っかけて、下に押し込みます。

    G-SHOCKをナイロンベルトでMIL-SHOCKに改造する手順!
    G-SHOCKをナイロンベルトでMIL-SHOCKに改造する手順!

     

     
  3. ベルトを外す
    バネ棒を下に押し込んだ状態を維持しながらベルトをずらすと、ベルトが外れます。

    G-SHOCKをナイロンベルトでMIL-SHOCKに改造する手順!
    G-SHOCKをナイロンベルトでMIL-SHOCKに改造する手順!

     

ここまでの手順を動画で確認!

MIL-SHOCKカスタム手順2・先環カバーの取付(1)

続いて先環カバーを取付けます。

ここから少し難しくなりますが、必ず取付けられますので、落ち着いて作業しましょう!

  1. 先環カバーにバネ棒を差し込む
    G-SHOCKをナイロンベルトでMIL-SHOCKに改造する手順!
    G-SHOCKをナイロンベルトでMIL-SHOCKに改造する手順!

     

     
  2. バネ棒の先を時計本体の穴に入れる
    G-SHOCKをナイロンベルトでMIL-SHOCKに改造する手順!
    G-SHOCKをナイロンベルトでMIL-SHOCKに改造する手順!

     

     
  3. 先環カバーを押し込む
    先環カバーを押し込んで、時計本体と合体させます。

    G-SHOCKをナイロンベルトでMIL-SHOCKに改造する手順!
    G-SHOCKをナイロンベルトでMIL-SHOCKに改造する手順!

     

     
  4. バネ棒を押し込む
    先環カバーが外れないように注意しながら、バネ棒外しでバネ棒を押し込みます。

    G-SHOCKをナイロンベルトでMIL-SHOCKに改造する手順!
    G-SHOCKをナイロンベルトでMIL-SHOCKに改造する手順!

     

     
  5. バネ棒を押し込んだ状態(1)
    バネ棒を押し込むと、写真のようになります。

    G-SHOCKをナイロンベルトでMIL-SHOCKに改造する手順!
    G-SHOCKをナイロンベルトでMIL-SHOCKに改造する手順!

     

     
  6. バネ棒を押し込んだ状態(2)
    ただし、この段階ではバネ棒はまだ固定されていません。

    G-SHOCKをナイロンベルトでMIL-SHOCKに改造する手順!
    G-SHOCKをナイロンベルトでMIL-SHOCKに改造する手順!

     
    バネ棒の右側は時計本体の穴に入っていないため、バネ棒全体が右下に傾いているのが分かります。

    このままでは先環カバーが外れてしまいますので、バネ棒を(この写真では上のほうにある)穴に差し込み固定します。

ここまでの手順を動画で確認!

MIL-SHOCKカスタム手順3・先環カバーの取付(2)

ここからが正念場です。

最大の難関ですが、もう一息で完成なので最後まで頑張りましょう!

  1. バネ棒を時計本体の穴に差し込む
    この段階では、ばね棒の先端は穴の右上に位置しているので(下の断面図参照)バネ棒外しで穴に差し込みます。

    G-SHOCKをナイロンベルトでMIL-SHOCKに改造する手順!
    G-SHOCKをナイロンベルトでMIL-SHOCKに改造する手順!

     
    最初にバネ棒を下に押し、その位置をキープしながら左に押し込むと穴に入ります。

     
  2. バネ棒が固定された状態
    バネ棒が穴に入ると、写真のようにバネ棒が水平になります。

    G-SHOCKをナイロンベルトでMIL-SHOCKに改造する手順!
    G-SHOCKをナイロンベルトでMIL-SHOCKに改造する手順!

     

     
  3. バネ棒が固定されているか確認する
    先環カバーを引っ張って、バネ棒が固定されていることを確認します。

    G-SHOCKをナイロンベルトでMIL-SHOCKに改造する手順!
    G-SHOCKをナイロンベルトでMIL-SHOCKに改造する手順!

     

     
  4. 先環カバーを取付けた状態
    先環カバーを取り付けると、写真のようになります。

    G-SHOCKをナイロンベルトでMIL-SHOCKに改造する手順!
    G-SHOCKをナイロンベルトでMIL-SHOCKに改造する手順!

     

ここまでの手順を動画で確認!

MIL-SHOCKカスタム手順4・ナイロンベルトの取付

ここまで来たら完成したも同然!

ナイロンベルトを引きとおしたら完成です。

  1. ナイロンベルトを差し込む
    腕時計の12時側からナイロンベルトを差し込みます。

    G-SHOCKをナイロンベルトでMIL-SHOCKに改造する手順!
    G-SHOCKをナイロンベルトでMIL-SHOCKに改造する手順!

     

     
  2. ナイロンベルトを引きとおす
    差し込んだベルトを引っ張って、6時側の輪に引きとおします。

    G-SHOCKをナイロンベルトでMIL-SHOCKに改造する手順!
    G-SHOCKをナイロンベルトでMIL-SHOCKに改造する手順!

     

     
  3. 完成!
    写真のようにベルトを通したら完成です。

    G-SHOCKをナイロンベルトでMIL-SHOCKに改造する手順!
    G-SHOCKをナイロンベルトでMIL-SHOCKに改造する手順!

     
    お疲れさまでした!

ここまでの手順を動画で確認!

MIL-SHOCKカスタム手順の全貌はこちら!

MIL-SHOCKギャラリー

それなりに苦労するMIL-SHOCKカスタムですが、完成するとカッコいいですね!

装着感も快適なので、時間とお金をかけても「カスタムする価値あり」だと思います!

(写真クリックで拡大します)

G-SHOCKをナイロンベルトでMIL-SHOCKに改造する手順!
G-SHOCKをナイロンベルトでMIL-SHOCKに改造する手順!
G-SHOCKをナイロンベルトでMIL-SHOCKに改造する手順!
G-SHOCKをナイロンベルトでMIL-SHOCKに改造する手順!
G-SHOCKをナイロンベルトでMIL-SHOCKに改造する手順!
G-SHOCKをナイロンベルトでMIL-SHOCKに改造する手順!
G-SHOCKをナイロンベルトでMIL-SHOCKに改造する手順!
G-SHOCKをナイロンベルトでMIL-SHOCKに改造する手順!
G-SHOCKをナイロンベルトでMIL-SHOCKに改造する手順!
G-SHOCKをナイロンベルトでMIL-SHOCKに改造する手順!
G-SHOCKをナイロンベルトでMIL-SHOCKに改造する手順!
G-SHOCKをナイロンベルトでMIL-SHOCKに改造する手順!


 
▼スポンサーリンク

チープカシオ・チープシチズン完全ガイドはこちら!


この記事はあなたのお役に立ちましたか?

本日も人気ブログランキングの応援クリックありがとうございます。

あなたの応援のおかげで、こうして記事が書けました。

時計・人気ブログランキングへ

8件のコメント

  • 成田の猫好きオヤジ

    更新を楽しみに拝見。いずれ来る5610のベルト交換の参考にします。

    先日買ったのはダイソー プラネットのデジタル、金属ベルト。これ、A158系のパクリ。

    前回のタイメックスパクリ風は品切れのまま店頭に現れず。158パクリも品切れになる予感が。今のうち、一興にいかがでしょうか。

    • Show

      昨日ダイソーに行く用事があったのでついでに時計コーナーを眺めてみましたが、そこにはA158風デジタルはありませんでした(残念)

      ネットの写真を見た感じでは物凄くそっくりなので、見つけたら本物との比較記事を書こうと思っているのですが、なかなか巡り会えませんね。

  • 成田の猫好きオヤジ

    ダイソーで又もや新しい腕時計が。ダニエルウェリントン風。

    ダイソー、本家に怒られないですかね。

    • Show

      今日ようやくダイソーにて、A158風デジタルを発見!
      ダニエルウェリントン風も隣にぶら下がってたので、両方とも確保しました。
      近日レビュー予定です!

  • 成田の猫好きオヤジ

    連投にて失礼します。
    去年リサイクル屋で買ったロンジンの2針。分針の運針が20秒ごとのカシオと違って、味わい深い。
    ダニエルもどきも2針ですが、実はまだ未開封。158もどきを堪能していないうちは(隠しコマンド等)、お楽しみは後程にと。
    タイメックスもどきが発売されて以降、リサイクル屋よりダイソー巡りが主になりました。

    • Show

      実は、私もダイソーウォッチは未開封です。

      腕時計が入ってるとは思えない、斬新なパッケージなので「開封の儀」動画は必須と判断し、撮影時まで未開封でとっておくことにしました(笑)

  • iseebi3

    「DW-5600、DW-6900、GA-100用先環カバー」!!!
    この様な、興味深い&実用的なカスタムパーツが存在するとは!?
    本日、始めて知りました。
    いつも、有用な情報&丁寧で詳細な解説に感謝します。m(__)m

    近いうちに、私も「MIL-SHOCKカスタム」で楽しむこととなるでしょう!(^^;)

    • Show

      私の場合は黒ベルトにしましたが、オレンジなどのカラーベルトをつけてみるのも面白いかもしれませんね。

      取付が少し難しいのですが、見た目も装着感もガラッと変わるので、それだけの価値があるカスタムだと思います。

      是非楽しんでくださいね!

コメントを残す




*