腕時計のパーツ入替カスタムに挑戦してみた!Pt.2

ということで、ほんの軽い気持ちで始めた中身入れ替えカスタムでしたが、結構大変なことになってしまいました(笑)

しかし、その思い入れもあってか、カスタム結果は納得の仕上がりです。

▼スポンサーリンク



大満足のカスタム結果!

ビフォアー
カシオ腕時計W-S220-1AとW-S220C-7B
ビフォアー
カシオ腕時計W-S220-1AとW-S220C-7B

アフター
相互に中身を入れ替えたカシオ腕時計W-S220-1AとW-S220C-7B
アフター
相互に中身を入れ替えたカシオ腕時計W-S220-1AとW-S220C-7B

 
反転液晶からノーマル液晶に変更した「W-S220C-7B」は、視認性が向上して常用できる腕時計にグレードアップ。

W-S220-1Aと中身を入れ替えたカシオ腕時計W-S220C-7B
W-S220-1Aと中身を入れ替えたカシオ腕時計W-S220C-7B

 
まさに「これが欲しかった」のです!

一方の「W-S220-1A」のほうは、中身を反転液晶に入れ替えたとたん、イメージが一新。

オールブラックの精悍な腕時計に生まれ変わりました。

W-S220C-7Bと中身を入れ替えたカシオ腕時計W-S220-1A
W-S220C-7Bと中身を入れ替えたカシオ腕時計W-S220-1A

 
実は「W-S220-1A」に関しては、「W-S220C-7B」と比べて少し野暮ったく感じたので「反転液晶にして視認性が低下したら出番がなくなるかも?」と思っていたのです。

ですが、そんな心配は全く無用。

視認性こそ低下しましたが、逆に「こっちの方が出番が多くなるかも?」というぐらい、大満足の出来栄えになりました!

 中身入れ替えカスタムするには?

1 2 3 4 5 6 7
 
▼スポンサーリンク

チープカシオ・チープシチズン完全ガイドはこちら!


この記事はあなたのお役に立ちましたか?

本日も人気ブログランキングの応援クリックありがとうございます。

あなたの応援のおかげで、こうして記事が書けました。

時計・人気ブログランキングへ

2件のコメント

  • GEN

    こんばんは
    中身の入れ替え成功お疲れ様です
    タフソーラーの裏蓋を開けた事がなかったので、ソーラーパネルとモジュールが小さいスプリングで繋がっているのを初めて知りました

    聞いた話ではタフソーラーの二次電池は電圧が2.4VでCR1616が3.0Vらしいです
    ソーラーパネルとモジュールを繋ぐスプリングを外して通常の電池を入れてもとりあえず動くのでしょうが、お奨めできないそうです

    今回のカスタムを見て私も似たような事をやってみたくなりました

    • Show

      なるほど!
      二次電池と普通のコイン電池では電圧が違うんですね。
      それだと、それこそ壊れてしまいそうです。
      (スプリングが見つかってよかった)

      動画を見返してみると、モジュールを取り出したときに、接触不良が起きたようなので、取り出すときはそーっとはずしてくださいね。

      そうすればたぶん問題なくカスタムできると思います。

コメントを残す




*