腕時計のパーツ入替カスタムに挑戦してみた!Pt.2

復活したモジュールをしばし眺めて、しばしの感慨にふけること数分…

▼スポンサーリンク



「モジュールの分解作業はカメラを回す余裕がなかったので、記事公開用に再現映像を撮影しなきゃいけないな」

などと考えながら後片付けをしていると…

さっき回収したバネとは違う「金色のバネ」が足元に転がっているではありませんか!

この部品は何?

でも、このバネ、つけなくても普通に動いてるんですけど…

 
さあ困った。どこに付いてた部品か分かりません。

移植がうまくいったノーマル液晶を取り出して、比較すれば判明しそうですが、さらなるトラブルは避けたいところ。

そこで、最初に撮影した「入替え作業の動画」で確認することにしました。

動画を食い入るように見つめていたら、分かりましたよ、どこに付いてた部品かが。

カシオ腕時計W-S220-1Aの中身を分解
カシオ腕時計W-S220-1Aの中身を分解

 
この「金色のバネ」は、ソーラーセルで発電した電気を充電池に送電するための、銅線だったのです!
(言い忘れていましたが、W-S220シリーズはタフソーラーモデルでした)

バネが足りない!

しかし、動画にはバネが2つ写ってるのに、手元にあるのは1つだけ。

このバネがないと、充電できなくなるのです!

 
部屋のどこかにあるに違いありませんが、一息入れるために席を外したりしたので、果たして見つかるかどうか。

取付場所がわかったら、部品を紛失していることが判明するという、皮肉な結果になりました…

 ラッキーが重なり、辛くも復活!

1 2 3 4 5 6 7

 
▼本サイト厳選おすすめウォッチ

 

 

チープカシオ・チープシチズン完全ガイドはこちら!


この記事はあなたのお役に立ちましたか?

本日も人気ブログランキングの応援クリックありがとうございます。

あなたの応援のおかげで、こうして記事が書けました。

時計・人気ブログランキングへ

2件のコメント

  • GEN

    こんばんは
    中身の入れ替え成功お疲れ様です
    タフソーラーの裏蓋を開けた事がなかったので、ソーラーパネルとモジュールが小さいスプリングで繋がっているのを初めて知りました

    聞いた話ではタフソーラーの二次電池は電圧が2.4VでCR1616が3.0Vらしいです
    ソーラーパネルとモジュールを繋ぐスプリングを外して通常の電池を入れてもとりあえず動くのでしょうが、お奨めできないそうです

    今回のカスタムを見て私も似たような事をやってみたくなりました

    • Show

      なるほど!
      二次電池と普通のコイン電池では電圧が違うんですね。
      それだと、それこそ壊れてしまいそうです。
      (スプリングが見つかってよかった)

      動画を見返してみると、モジュールを取り出したときに、接触不良が起きたようなので、取り出すときはそーっとはずしてくださいね。

      そうすればたぶん問題なくカスタムできると思います。

コメントを残す




*