チープカシオA500WGA-1をウレタン(ゴム)バンドに交換!

チープカシオA500WGA-1をウレタン(ゴム)バンドに交換!
チープカシオA500WGA-1をウレタン(ゴム)バンドに交換!

 
キラキラ輝くゴールドのチープカシオ「A500WGA-1」を、ウレタン(ゴム)ベルトに交換してみました!

 

▼スポンサーリンク


2記事連続の「ベルト交換」ネタですが、市販品に交換した前回とは異なり、今回のカスタムは「ベルト移植」。

前回のカスタムで余ったベルトを、有効活用しようというわけです。

チープカシオA500WGA-1をウレタン(ゴム)バンドに交換!
チープカシオA500WGA-1をウレタン(ゴム)バンドに交換!

前回のカスタムで余ったベルト(左)とカスタム後の「チープカシオW-740-1」(右)

前回の記事はこちら

ゴールド&ブラックに!

そして今回のターゲットがこちら。

キラキラ輝くゴールドがまぶしい、チープカシオ「A500WGA-1」です。

チープカシオA500WGA-1をウレタン(ゴム)バンドに交換!
チープカシオA500WGA-1をウレタン(ゴム)バンドに交換!

 
この腕時計を「F-91WM-9A」(写真下)のような、ゴールド&ブラックに変えてリフレッシュするのが狙いです。

チープカシオ F-91WM-9A
チープカシオ F-91WM-9A

 
はたして「F-91WM-9A」のような「イケてるゴールド&ブラック」のチープカシオに変身させることができるでしょうか?

「F-91WM-9A」のレビューはこちら

チープカシオA500WGA-1をウレタン(ゴム)バンドに交換!
チープカシオA500WGA-1をウレタン(ゴム)バンドに交換!

 

取り付け幅が合わない!

それでは早速バンド交換…

と言いたいところですが、実は根本的な問題があるのです!

それは何かというと…

チープカシオA500WGA-1をウレタン(ゴム)バンドに交換!
チープカシオA500WGA-1をウレタン(ゴム)バンドに交換!

 
取り付け幅が合わないのです!

時計本体の取り付け幅が「18mm」に対して、ベルトの方は「20mm」ということで、このままでは取り付けることができません。

(もともと別モデルのベルトですから仕方ないですね…)

ですが、このまま終わったのでは面白くないので、一思いにベルトを切ってしまいましょう!

チープカシオA500WGA-1をウレタン(ゴム)バンドに交換!
チープカシオA500WGA-1をウレタン(ゴム)バンドに交換!

 
これで元の時計「W-740-1」には戻せなくなりました…

チープカシオW-740-1をバンド交換でカッコよく!
チープカシオW-740-1をバンド交換でカッコよく!

 
でもご安心のほどを。

上の写真のとおり、交換したベルトが元のベルト以上にピッタリなので、戻せなくても問題なしです!

作業スペースをくり抜こう!

ということで左右1mmずつ切り取ったら、ご覧のようにピッタリはまるようになりました。

チープカシオA500WGA-1をウレタン(ゴム)バンドに交換!
チープカシオA500WGA-1をウレタン(ゴム)バンドに交換!

 
しかし、ここで終わりではありません。

ベルトを着脱するときに必要な、作業スペース(下の写真の赤丸箇所)を作らなければならないのです。

チープカシオA500WGA-1をウレタン(ゴム)バンドに交換!
チープカシオA500WGA-1をウレタン(ゴム)バンドに交換!

 
くり抜かなくてもベルトを付けることはできますが、外せなくなるので作業スペースのくり抜き加工は必須です。

チープカシオA500WGA-1をウレタン(ゴム)バンドに交換!
チープカシオA500WGA-1をウレタン(ゴム)バンドに交換!

 
ここはカッターでは切り取りにくいので、爪切りを使用します。

(裏返さなければ見えないので、切り口がガタガタしてても大丈夫です)

チープカシオA500WGA-1をウレタン(ゴム)バンドに交換!
チープカシオA500WGA-1をウレタン(ゴム)バンドに交換!

 
ピンぼけで分かりにくいですが、こんな感じで作業スペースをくり抜きました。

チープカシオA500WGA-1をウレタン(ゴム)バンドに交換!
チープカシオA500WGA-1をウレタン(ゴム)バンドに交換!

 
これで、ようやくベルトが取り付けられます!

チープカシオA500WGA-1をウレタン(ゴム)バンドに交換!
チープカシオA500WGA-1をウレタン(ゴム)バンドに交換!

 
裏から見るとこんな感じ。

(市販ベルトは両サイドがくり抜かれてますが、片方だけでも大丈夫です)

 

動画はこちら

ようやく完成!

取り付けまでに少し作業が必要でしたが、無事交換が完了しました。

チープカシオA500WGA-1をウレタン(ゴム)バンドに交換!
チープカシオA500WGA-1をウレタン(ゴム)バンドに交換!

 
時計の根元からベルトにかけてのラインがスムーズで、まるで純正ベルトに見えますね。

カシオ同士なので「ある意味純正」なのですが、別モデルからの移植とは思えないぐらいマッチしてます。

チープカシオA500WGA-1をウレタン(ゴム)バンドに交換!
チープカシオA500WGA-1をウレタン(ゴム)バンドに交換!

 
目標としていたゴールド&ブラックの「F-91WM-9A」(写真左)に匹敵する出来栄えです!

ビフォー・アフターで比較!

最後にビフォー・アフターでカスタム結果を比較してみましょう!

チープカシオA500WGA-1をウレタン(ゴム)バンドに交換!
[ビフォー]
チープカシオA500WGA-1をウレタン(ゴム)バンドに交換!
[アフター]


チープカシオA500WGA-1をウレタン(ゴム)バンドに交換![ビフォー]
 

全身ゴールドの[ビフォー]の見た目は、ゴージャスかつ繊細な印象。

一歩間違うと成金趣味になりかねないので、おしゃれさんじゃないと着けこなせないかもしれません(笑)

チープカシオA500WGA-1をウレタン(ゴム)バンドに交換!
[アフター]
 

それに対して[アフター]は、黒ベルトが加わったことで、グッと引き締まった印象になり、精悍な腕時計に生まれ変わりました。

腕に着けてみると…

チープカシオA500WGA-1をウレタン(ゴム)バンドに交換!
[ビフォー]
チープカシオA500WGA-1をウレタン(ゴム)バンドに交換!
[アフター]


チープカシオA500WGA-1をウレタン(ゴム)バンドに交換![ビフォー]
 

やっぱり[ビフォー]は繊細なイメージなので、私がつけるより華奢な女性のほうが似合いそうです。

チープカシオA500WGA-1をウレタン(ゴム)バンドに交換!
[アフター]
 

でも[アフター]なら、私がつけても大丈夫(笑)

黒ベルトがアクセントになって、程よいチープ感が出てきました!

ベルトで印象がガラッと変わる!

それにしても、腕時計ってベルトで印象がガラッと変わるものですね!

今回は別時計からの移植だったので、上手くいくか不安もありましたが、想像以上にピッタリでした。

チープカシオA500WGA-1をウレタン(ゴム)バンドに交換!
チープカシオA500WGA-1をウレタン(ゴム)バンドに交換!

 
切取り加工も比較的簡単なので、これなら読者の皆さんにも自信をもっておすすめできます!

(加工なしで交換できるベルトが見つかれば、それが一番なんですが、それはまたの機会ということで…)

チープカシオのベルト交換は、意外と簡単にできるので、あなたも一度トライしてみてはいかがでしょうか?

 

カシオ スタンダード デジタル A500WGA-1

グリプスさんで売り切れの場合はこちら

楽天・価格ランキングを見る

アマゾン・価格ランキングを見る
クリックすると楽天市場で商品の詳細が確認できます
 

 

カシオ スタンダード デジタル W-740-1

グリプスさんで売り切れの場合はこちら

楽天・価格ランキングを見る

アマゾン・価格ランキングを見る
クリックすると楽天市場で商品の詳細が確認できます
 

 

バンビ ウレタンバンド

クリックすると楽天市場で商品の詳細が確認できます


 
▼本サイト厳選おすすめウォッチ

 

 

チープカシオ・チープシチズン完全ガイドはこちら!


この記事はあなたのお役に立ちましたか?

本日も人気ブログランキングの応援クリックありがとうございます。

あなたの応援のおかげで、こうして記事が書けました。

時計・人気ブログランキングへ

コメントを残す




*