スピードモデルの復刻版!カシオGショック(DW-5600E-1V)レビュー

 
記念すべき第1号記事は、Gショックの定番DW-5600E-1Vのレビューです。

 

▼スポンサーリンク


この腕時計はスピードモデルの愛称で親しまれている5600系モデルの一つで、オリジナルスピードモデルDW-5600C-1Vの復刻版です。

映画「スピード」で主演を演じたキアヌ・リーブスが劇中でDW-5600C-1Vを装着していたことから、5600系列はスピードモデルと呼ばれているのですが、オリジナルのDW-5600C-1Vは「真正スピード」「真正キアヌ」などと呼ばれ、特に人気があります。

また、カシオ腕時計には日本国内向けに販売される日本モデルと、海外向けの海外モデルが存在するのですが、映画「スピード」に登場するのは当然は海外モデルなので、本物にこだわるコレクターにとっては海外版DW-5600C-1Vこそが、スピードモデルなのです。

日本モデルと海外モデルの違いは?

日本モデルと海外モデルでは文字盤の印刷がわずかに異なるだけで、パッと見では日本モデルも海外モデルも同じに見えるのですが、映画と同じものが欲しいコレクターとしては、やはり海外モデルが欲しい!となるわけですね。

とはいえ、DW-5600C-1Vはすでに生産終了のため入手困難なので(オークションなら可能)、現在入手できるスピードモデルといえば、このDW-5600E-1Vとなるのです。

先ほどカシオ腕時計には日本モデルと海外モデルがあると言いましたが、このスピードモデル復刻版のDW-5600E-1Vにも日本モデルと海外モデルの2種類がありまして、文字盤の印刷が微妙に異なります。

このページ先頭の写真が海外モデルで、こちらが日本モデルのDW-5600E-1です。


どこが違うかというと、文字盤上部のCASIOの下の2行が表記が異なるのです。

海外モデル(DW-5600E-1V) 日本モデル(DW-5600E-1)
1行目 ILLUMINATOR WATER 20BAR RESIST
2行目 WATER 200M RESIST FOX FIRE

いずれもオリジナルスピードモデルとは異なるのが残念ですが、全体的には当時のデザインを再現しており、雰囲気は満点です。

時計自体の機能は同じですし、海外モデルとはいっても国内カシオでメンテナンスはしてもらえるので、どちらを選んでも遜色はありませんね。

海外モデルがお買い得!

ただし、実売価格はかなり異なります。

ショップやセール期間によって異なりますが、だいたい海外モデルが5,000円程度なのに対して、日本モデルはおよそ8,000円以上はすると思います。

ですから海外モデルの方がお買い得です。

ところで機能的には、このDW-5600E-1Vにはソーラー発電も電波時刻補正機能もありませんから、その点には注意が必要です。

カシオといえば電波ソーラーが有名なので、このDW-5600E-1Vもそうかと思ってポチッっとしたら後悔するかもしれませんよ。

ストップウォッチ使用中に現在時刻が確認できる!

このように機能的には一昔前の腕時計という感じがしないでもありませんが、このDW-5600E-1Vには他の5600系モデルとは違う便利な一面があるのです。

それはストップウォッチ使用中にも現在時刻が表示されることです。

ストップウォッチモードの時には、四角で囲まれてる月日表示の所に現在時刻が表示されるので、時間計測中にも現在時刻が確認できるのですが、他の5600系モデルはこれができません。

ちょっとした事ですが、これが意外と便利なのですよ。

よかったら操作説明書(PDF)で確認してみてください。

きめ細かな設定が可能なアラーム!

また、アラーム機能も充実しています。

セットできるのが1個だけという弱点もありますが、実にきめ細かいアラームを仕込むことができるのです。

  • 指定時刻に毎日鳴らす
  • 1ヵ月間、指定時刻に毎日鳴らす
  • 毎月同じ日の指定時刻に鳴らす
  • 指定した月日の指定時刻に鳴らす

特に「指定した月日の指定時刻に鳴らす」機能は、リマインダーとして活躍してくれそうです。

ワールドタイム機能が無いなど、Gショックの中でも、最もシンプルな機能構成ですが、通常使用する分には十分だと思います。

その分、価格的にもリーズナブルですし。

そんな訳で、このDW-5600E-1Vは、いつまでも定番モデルとして生産し続けて欲しい腕時計なのです。

楽天市場の価格ランキングを見る!

 
▼本サイト厳選おすすめウォッチ

 

 

チープカシオ・チープシチズン完全ガイドはこちら!


この記事はあなたのお役に立ちましたか?

本日も人気ブログランキングの応援クリックありがとうございます。

あなたの応援のおかげで、こうして記事が書けました。

時計・人気ブログランキングへ

12件のコメント

  • 佐藤市之助

    こんにちは、腕時計好きの市之助と申します。

    初回~最新記事まで楽しく拝見させて頂きました(・ω・)ノ

    動画での操作・動作説明は、大変理解しやすく素晴らしい出来だと思いました…

    今後書かれる記事も楽しみのしておりますね(^^)

    • Show

      佐藤市之助さま
      コメントありがとうございます。管理人のShowです。

      本ブログへのコメント第1号です!
      こうしてコメントをいただくと嬉しいものですね。
      記事更新の励みになります)^o^(

      ところで、市之助さんのお気に入り腕時計はなんでしょうか?
      よろしければ教えてください。(カシオ以外でもOKです)

      • 佐藤市之助

        Showさん、レスをありがとうございます(^^)

        私のお気に入りの腕時計ですか…
        ( ̄~ ̄;) ウーン、難しいですね…
        なんせ保有してる腕時計が舶来品・国内品を合わせ100本以上あるのでお答えに困りますが…
        ジャンル的に好きなのは、自動巻きとデジタルですかね…
        アナログのクォーツは、あまり好きではないです…
        好きではないと言っても、カシオのデジタル制御でのアナログは好きです^_^;

        カシオでお気に入りの腕時計は、製造販売が既に終わってる旧型のプロトレックやG-SHOCKではDW-6600系ですね!
        (現行のDW-6900が販売されてる内は、ベゼルやベルトの交換に困ることがないから良いですよ)
        最近では、お手頃価格なモデルも気兼ねなく使用出来て気にはいってます。
        また、お手頃価格なモデルをあれこれ悩みながら物色するのも楽しみひとつですね(^-^;

        • Show

          市之助さん、お返事ありがとうございます。

          しかし、100本以上とはすごいですね。
          これだけあると維持費だけでも大変じゃないですか?

          時計の知識も私より詳しそうで、マニアックスを名乗ってる自分が恥ずかしくなってきますよ(^_^;)

          アナログのクォーツはあまり好きではないとのことですが、確かに時計趣味としては物足りないですよね。
          手が掛からない分、面白みが少ないというか、特に電波時計だと何もすることがありませんし…

          その点、機械式なら手巻きしたり、デジタルならアラームを鳴らしたりして楽しめますからね。

          ただ、販売終了もそうですが、ベゼルやベルトなどのパーツが手に入らなくなるのは痛いですよね。
          外装がダメになると、モジュールが元気でも使い物にならなくなるという…

          Gショックは衝撃には強いけど、経年劣化に弱いのが難点ですね。
          メーカーとしては、新しいのをどんどん買ってもらわないと商売あがったりなんでしょうけど。

          まあ、魅力的な新製品を次々出して、楽しませてくれる限りは問題ないんですけどね(笑)

          • 佐藤市之助

            維持費で出費が大きいのは、機械式のOHくらいですかね…(安物の機械式は自分でOHします)
            あとは、クオーツの電池です…こちらはまとめ買いしてコストを下げてます^_^;
            それ以外は特に維持費は掛かりませんね…

            私の時計の知識は趣味歴が長いだけの、それなり程度です(^^ゞ

            Showさんの記事を見る限りShowさんはカシオ製品の知識を十分に把握されてると思いますよ。
            ポイントをついて書かれてる部分は、私もうなずきながら拝見させていただきましたからね…
            ここもカシオ製品を検討される方々には、大変に参考になるサイトになるでしょう。

            記事の記載が増えた頃には、カシオさんからの製品提供も期待したいですね…笑

          • Show

            すごいですね、ご自身でOHされるなんて!
            電池をまとめ買いという事は、電池交換もされてるんですね。

            私が電池交換できるのは、裏蓋がねじ止め式の時計と、軽い力で回せるスクリューバックだけです。

            おもちゃに毛が生えた程度の工具しか持ってないので、ネジが固いスクリューバックは外せませんし、はめ込み式は初チャレンジで壊して以来、怖くて手が出せません(T_T)
            ましてやOHなんて夢のまた夢です。

            >ポイントをついて書かれてる部分は、私もうなずきながら拝見させていただきましたからね…
            >ここもカシオ製品を検討される方々には、大変に参考になるサイトになるでしょう。
            お褒めいただき、ありがとうございます。
            これからも読む人の役に立つサイトになるよう、楽しみながら更新していきたいと思います。

            >記事の記載が増えた頃には、カシオさんからの製品提供も期待したいですね…笑
            本家カシオさんからオファーが来るなんて夢のような話ですね。
            新たな目標ができましたよ(笑)

            では、今後ともよろしくお願いいたします!

  • SaTo

    はじめまして。こちらを拝見してB640購入寸前まで行き、
    仕事上ガラス風防必須かなと結局M5610にしました。

    5610系を使ってみて、初めて違いに気付きましたが、
    DW-5600E-1Vはアラームのロジックもひと味違いますね。

    月日も設定できるので鳴らすパターンが色々選べますし、
    1回限りの予定ではわざわざOFF操作をしなくてもすみます。

    これについては一長一短で、アラーム結構使う自分としては
    複数本設定+日時設定の両方ほしいですが(笑)

    それにしても素晴らしいサイトですね!
    こちらを見て購入検討される方も多数おられるのでは?
    メーカーから直接オファー来ても不思議じゃない気さえしますね。

    • Show

      SaToさま、コメント&お褒めの言葉をいただき、ありがとうございます。

      DW-5600E-1のアラームは、本当にきめ細かい設定ができますよね。

      複数本設定については私も同感ですが、今後、機能拡張したモデルが販売される可能性は低そうです。

      というのも、去年販売開始されたDW-5600P-1には、DW-5600E-1の後継モジュールと思わしき機械が搭載されているのですが、新モジュールにもかかわらず、機能拡張されてないからです。

      両者の違いはカレンダーの対応期間だけで、その他の機能は(電池寿命も)まったく同じなんです。

      DW-5600E-1:1995年~2039年まで
      DW-5600P-1:2000年~2099年まで

      せっかく新しいモジュールにするのなら、機能拡張してくれてもよさそうなのに、そうしないのは、上位モデルより機能充実させるわけにはいかない、という販売戦略があるのかもしれません。

      あと、今やケイタイ・スマホで用が足りるので、そこまでやっても割に合わないのかもしれませんね。

      とはいえ、新しいモジュールが出たということで、当分DW-5600は定番モデルとして販売され続けるのは間違いないでしょうから、その点はとてもうれしいことです。

  • お侍.com

    初めまして
    たまたまサイトを見つけました。
    当方は仕事でGショックを愛用しています。
    プライベートもカシオを愛用しています。
    仕事用で今年の3月からDW-5600E-1を使用していますが・・・
    失くしてしまいました・・・そして最近やっと立ち直りました。
    また仕事用でGショックを物色中ですよ。

    では楽しいサイトですのでまた遊び気にます。

    • Show

      お侍.comさま、はじめまして。
      コメントありがとうございます。

      やっぱり愛着のある腕時計をなくしたら、しばらく立ち直れませんよね。
      心中お察しします…
      しかも円安、消費税増税の影響で、逆輸入モデルも以前より高くなってしまいましたから、なおさらです。

      でも最近立ち直られたとのことなので、新しいGショックで心機一転して、新しい時を刻んでくださいね。

  • 長野

    showさんこんばんは。
    以前dwー5600egー9を持っていると言いましたが、通常の液晶バージョンも欲しくなってきました。国内モデルのモジュール番号3229に対して海外モデルはどうなんでしょう?1545だったらeg-9と同じということで嬉しいんですが、どうなんでしょうか?

    • Show

      DW-5600のモジュールは、数年前に(国内海外関係なく)1545から3229に代わったので、1545が欲しいのなら、店頭在庫品を探す必要がありますね。

      代わったのは2013年ごろなので、探せばまだあると思います。

コメントを残す




*