カシオ腕時計・GショックDW-6900MR-1詳細レビュー!

Gショックの6900シリーズを初めて知った時からずっと気になってたのが、時刻表示の上段の三つ目ダイアルです。

三つ目ダイアルとは?

このダイアルにはどんな機能が割り当てられているのだろう?

と気になって仕方がなかったのです。
GショックDW-6900MR-1

ところが特別な機能はなく、秒と連動して点滅するだけの単なる装飾だと分かった時には、ちょっとガッカリしました。

三つ目ダイアルの元祖DW-5900の時点では、アナログ時計とモードインジケーターの役割を持たせていたようですが、DW-6900では単なる装飾に成り下がっています。


DW-5900C-9
(画像のリンク先は、ベルトのみの販売ページです)

このあたりが、これまで私が6900シリーズに手を出さなかった理由の一つかもしれません。

でも実際に手にしてみると、デザイン上の重要な要素であること気づきました。

やはりこの三つ目ダイアルあってこその、Gショック6900シリーズですよね。

しかも、まったく実用性がない訳でもなく、簡易的に時間を測ることができます(アナログ時計の秒針感覚で)。

経過時間が量的に把握できるので、数字オンリーのデジタル時計よりも時間経過が分かりやすいです。

三つ目ダイアルを動画で確認!

そんな三つ目ダイアルが動く様子を、動画で様子を確認してみましょう!

■時刻表示の時の三つ目ダイアル
通常の時刻表示の時には、秒と連動して点滅を繰り返します。

左から右に加算するように点灯(消灯)するので、アナログ時計の秒針の感覚で、簡易的に時間を測ることができます。

左端:x1秒~x5秒の間に1秒ごとに点灯(消灯)
中央:x6秒~x0秒の間に1秒ごとに点灯(消灯)
右端:10秒ごとに点灯(消灯)

 
 
■タイマーの時の三つ目ダイアル
反時計回りに回転することで、タイマーが減算していく様子を表します。

 
 
■ストップウォッチの時の三つ目ダイアル
タイマーとは逆に時計回りに回転して、ストップウォッチが積算していく様子を表します。

 

 次は、ボタンの操作性を動画で確認!

1 2 3 4
 
▼スポンサーリンク

チープカシオ・チープシチズン完全ガイドはこちら!


この記事はあなたのお役に立ちましたか?

本日も人気ブログランキングの応援クリックありがとうございます。

あなたの応援のおかげで、こうして記事が書けました。

時計・人気ブログランキングへ

コメントを残す




*