カシオ腕時計・GショックDW-6900MR-1詳細レビュー!

このところ工作ネタが続いてましたので、DIYに興味ない人には退屈な記事が続いたかもしれませんね。

やはり物事にはバランスが大事!ということで、久しぶりにマイコレクション紹介&ウォッチレビューをお届けします。
GショックDW-6900MR-1

 

▼スポンサーリンク


今回レビューする腕時計は、Gショック・DW-6900MR-1

Gショックといえば「この三つ目モデル!」という人も多いんじゃないでしょうか?

実際にGショックの中でも一二を争う人気モデルで、カラーバリエーションや派生モデルのラインナップが半端じゃないですよね。

あまりにも多いので、確認のため、Gショック6900系全モデル一覧記事を書いてみたのですが、改めて見直しても、感心するというか、あきれるというか、すさまじいものがありますよね。

で、記事を書いているうちに「やっぱり6900はいいよな~」「ひとつ欲しいな~」と思いが募り、結局買ってしまったというわけなのです。

 Gショック6900系全モデル一覧記事はこちら

キラキラ輝くメタリック仕上げの文字盤!

このGショック・DW-6900MR-1は、メタリックダイアルシリーズとして2012年2月に発売されました。
GショックDW-6900MR-1

Gショックではよくあることですが、ニューモデルがラインナップに加わっても、しばらくすると生産終了することが多いです。

DW-6900MR-1もそんな生産終了モデルの一つですが、流通在庫は比較的潤沢に残っていて、入手はそれほど難しくありませんでした。

メタリックダイアルというぐらいですから、ダイアル(文字盤)はメタリック仕上げになっていて、鏡のようにキラキラに輝きます。

メタリックというよりもミラー仕上げといった方がしっくりくる感じで、公式サイトによると文字盤カラーは「ミラーブラック」とのこと。

光のあたり加減によっては、ブロンズやシルバーにも見えて、とても美しいです。

場面によっては少し見づらい、ミラー液晶

鏡面仕上げの文字盤が華やかで、ゴージャスな印象の腕時計ですが、液晶表示はコントラストが低めで、暗いところでは少し見えづらいです。

DW-6900MR-1とGW-M5600-1の液晶表示の比較

ただし、暗いところで少しだけ見にくいかな?という程度で、実用上はとくに問題はありません。

(上の写真は数字が判別できないほど暗く写っていますが、実際にはここまで見づらくありません)

文字盤がミラー仕上げなので、正面から覗き込むと自分の顔が写りこんでしまうのも、ご愛嬌かもしれません。

艶消し黒とゴールドの組み合わせが、最高にクール!

しかし、このクールなたたずまいの前では、その程度の事は「取るに足らないこと」にしか思えません。
GショックDW-6900MR-1
(日焼けした逞しい腕ならもっと腕時計が引き立つんでしょうけど、その辺はご容赦ください)

それはともかく、重厚感のある艶消し黒のボディが最高にクールなのは伝わると思います。

ブラック&ゴールドの組み合わせが絶妙で、陳腐な表現ですが「実にカッコいい」のです。

ボタンや尾錠までゴールドで、ちょっとしたラグジュアリー感がありますが、特に気にいってるのが文字盤のゴールドリング。

このゴールドリングのおかげで、ワンランク上の輝きを放っていると思います。

更に文字盤下のフロントボタン(ライト点灯用ボタン)もクローム調の光沢仕上げで、細かいところまで一切の手抜きはありません。
GショックDW-6900MR-1

ところで、黒金のコンビネーションモデルは他にあって、特にDW-6900PL-1は、DW-6900MR-1に負けず劣らずゴージャスな感じです。


DW-6900PL-1
クリックすると楽天市場で商品の詳細が確認できます

DW-6900MR-1
クリックすると楽天市場で商品の詳細が確認できます



ギリギリまでどっちにするか迷いましたが、金色の使い方に品がある(と思った)DW-6900MR-1を選びました。

あなたならどっちを選びますか?

 次は、三つ目ダイアルを動画で確認!

1 2 3 4
 
▼スポンサーリンク

チープカシオ・チープシチズン完全ガイドはこちら!


この記事はあなたのお役に立ちましたか?

本日も人気ブログランキングの応援クリックありがとうございます。

あなたの応援のおかげで、こうして記事が書けました。

時計・人気ブログランキングへ

コメントを残す




*