カシオ腕時計レビュー!方位測定機能搭載「SGW-100-1」

▼スポンサーリンク



購入直後は「方位補正」が必要

さて、そろそろ方位測定機能についても触れなければなりませんね。

ここは取説をなぞるだけになりそうですが、頑張ってレビューしてみましょう!

方位測定は簡単で、時刻表示モードのときに、右下の”COMP”ボタンを押すだけです。

“COMP”ボタンを押すだけで方位測定モードに切り替わり、自動的に方位が表示されます。

ただし、購入直後は「方位補正」が必要です。

補正しなくても計測はできますが、計測後”PLEASE CAL”と表示されたら方位補正を行います。

 
※)最後に方位補正をしてから100日経った場合、または電池交換した場合にも、方位計測後に“PLEASE CAL”が表示されます。

この場合は、方位補正を再び行いましょう。

方位計測の基準を「真北」に変更する(磁気偏角補正)

さて、方位補正を行ったことで、正確な方角が計測できるようになりました。

と思ったら、このままでは、「北極の極点」を指さないらしいです…

説明書を読んで初めて知ったのですが、(もしかして高校までに習ったけど忘れてるだけ?)地磁気の極点は、北極・南極の極点から少しずれているので、地磁気の極点を指す方位磁石は、北極の極点を指さないのだとか。

地磁気の北側の極点はカナダの北側にあるそうで、北に向かうほどズレ(偏差)が大きくなるとのこと。

磁気偏角の説明図

方位磁石は磁北の方角を指すため、真の北からズレてしまう

日本では約5度(鹿児島近辺)~約9度(北海道近辺)西に偏っているそうです。

秒針が1秒動いた時の角度が6度ですから、そうしてみると結構ずれてるんですね。

大まかに方角を確認する分には構いませんが、登山で使用するには無視できない誤差ですね。

そのため、方位磁石と地図で進行方向を確認するときには、ある方法で誤差を補正するらしいです。

その方法は、以下のサイトに詳しく書いてありますが、私にはちょっと難しくて、面倒に感じました。(説明が下手という意味ではないですよ)

 地図とコンパスの使い方(外部サイト)はこちら

でも、「SGW-100-1」には、このズレを補正する機能が備わっているので安心です。

東西どちらに何度偏っているかをセットすることで、「地図上の北」と「方位センサーの示す北」が一致するようになります。

 
「今自分のいる場所が、東西どちらに何度偏っているか?」は、国土地理院のサイトで確認できます。

 国土地理院のサイトはこちら

登山・トレッキングでの使用方法は?

これでようやく、登山・トレッキングで使えるようになりました。

でも、私には登山・トレッキングの予定がないので、実用レビューをお届けするのは困難です。

なので、詳しい使用方法については「取扱説明書」をご参照ください。

 SGW-100-1の取扱説明書(PDF)はこちら

すみません、丸投げしてしまいました(笑)

非トレッカーには方位計測機能は無用の長物か?

カシオ腕時計SGW-100-1
カシオ腕時計SGW-100-1
 

肝心の方位センサーについて、実用レビューが書けませんでしたが、私にとって方位測定機能は「おまけ」機能なんです。

それより、美しくも実用的な、時刻表示の方が魅力的です。

しかも、すべてのモードで現在時刻が確認できるなど、細かいところまで配慮が行き届いている。

フォーマルシーンにこそ向きませんが、実用的なデジタル腕時計が欲しい人にとっては、最高の腕時計ではないでしょうか。

実用一点張りではなく、デザインもカッコいいですし、たまに方角確認が必要になったとき(シーズンは過ぎましたが、恵方巻を食べるときなど)に活躍してくれますよ(笑)

 反転液晶モデルもあった!

1 2 3 4 5 6

 
▼本サイト厳選おすすめウォッチ

 

 

チープカシオ・チープシチズン完全ガイドはこちら!


この記事はあなたのお役に立ちましたか?

本日も人気ブログランキングの応援クリックありがとうございます。

あなたの応援のおかげで、こうして記事が書けました。

時計・人気ブログランキングへ

コメントを残す




*