カシオ腕時計レビュー!方位測定機能搭載「SGW-100-1」

▼スポンサーリンク



しっとり美しい液晶画面

カシオ腕時計SGW-100-1
カシオ腕時計SGW-100-1
 

届いた包みを開けてみると、思ったとおりの腕時計が姿を現しました。

しかも、液晶画面が実に美しい。

文字盤は透き通った湖面のように瑞々しく、デジタル数字をくっきりと浮かび上がらせます。

液晶を縁取るブルーグリーンのリングは、湖面に映った緑樹のように爽やかです。

画面中央に位置するのは、現在時刻。

カシオ腕時計トップクラスの特大フォントで、誇らしげに時を刻みます。

画面は3分割されており、上段に月・日・曜日、下段に秒を表示。

カシオ腕時計SGW-100-1
カシオ腕時計SGW-100-1
 

各段には、異なるサイズの文字が使用されており、アウトドアウォッチらしい躍動感を演出しています。

CASIOのブランドロゴが、液晶画面内部にプリントされているのも特徴的。

カタログではツインセンサー搭載が大々的に取り上げられていますが、むしろ「液晶画面の美しさ」と「視認性の高さ」こそ、この腕時計(SGW-100-1)の最大のアピールポイントではないでしょうか。

時刻が読みやすいデジタルの腕時計が欲しい人にこそ、ぜひ手に取ってほしい一品です。

ただ、カタログ写真からは、その魅力が伝わってこないのが残念です。

これは液晶画面だけでなく、ベゼル、ケース等の外観全般にも当てはまります。

要するに、カタログ写真は商品の魅力を十分伝えきれていない、ということです。

カタログ写真よりカッコいい

確かに実売7,000円程度の腕時計ですから、高級感に乏しいのは否めません。

しかし、実物を手にしてみると、思いのほかカッコいいのです。

カシオ腕時計SGW-100-1
カシオ腕時計SGW-100-1
 

液晶画面の美しさは前述のとおりですが、ヘアライン仕上げのベゼル(液晶周囲のリング状の部品)もまた美しい。

他の時計と質感がちょっと違うな?と思って調べてみると、どうやらベゼルの素材はアルミとのこと。

どおりで、滑らかでしっとりとした質感を解き放っているはずです。

ボディのいたるところに記された、独特のゴシック体による文字列は、航空機のコーションマークを想起させ、高機能性をアピールしています。

黒と銀で構成された外装はメカメカしく、アウトドアウォッチらしく堅牢なイメージ。

プロトレックは持ってないので並べて比較はできませんが、個の質感なら十分満足できる仕上がりだと思います。

 全モードで現在時刻が表示される

1 2 3 4 5 6
 
▼スポンサーリンク

チープカシオ・チープシチズン完全ガイドはこちら!


この記事はあなたのお役に立ちましたか?

本日も人気ブログランキングの応援クリックありがとうございます。

あなたの応援のおかげで、こうして記事が書けました。

時計・人気ブログランキングへ

コメントを残す




*