カシオ腕時計レビュー!方位測定機能搭載「SGW-100-1」

カシオ腕時計SGW-100-1

方位と温度が計測可能なアウトドアウォッチ「SGW-100-1」

プロトレックによく似て、いかにも高機能な面構えをしていますが、今回この腕時計の魅力を正しく伝えられるかどうか、少し不安です。

 

▼スポンサーリンク


というのも、私、登山・トレッキングとは無縁のインドア派なのです。

ですから目玉機能の方位計測は使いこなせそうもありません。

(そういえば以前、「インドア派にGショックは必要なのか?その理由をこじつけてみる」という記事を書いたこともありました)

なぜ登山しないのにSGW-100-1 を購入したのか?

カシオ腕時計SGW-100-1

では、なぜ登山をしない(する予定もない)インドア派の私が、この腕時計「SGW-100-1」を購入したのでしょうか?

それは、本サイト読者の「あつよし様」からメールをいただいたのがきっかけです。

その内容は…

「SGW-100-1がプロトレックみたいでカッコいいですよ!

もし機会があれば記事になさってください」

というものでした。

(実際には、もっと熱く時計愛を語っていただいたのですが、スペースの関係で2行に凝縮しました)

さっそく検索してみると、たしかにプロトレックに似た、アウトドア感たっぷりの腕時計です。

例えるなら「方位測定機能に特化したプロトレックの弟分」といったところでしょうか。


プロトレック PRW-3000-1JF
クリックすると楽天市場で商品の詳細が確認できます

SGW-100-1
クリックすると楽天市場で商品の詳細が確認できます


そのコンセプトは、以前紹介した「MCW-100H-1A」に通ずるものがあります。

カシオ腕時計 MCW-100H-1A
カシオ腕時計 MCW-100H-1A
 

「MCW-100H-1A」は、お手頃価格で手にできる、Gショック・グラビティーマスター(スカイコクピット)風のクロノグラフです。

「MCW-100H-1A」のレビュー記事はこちら

購入の決め手はビッグサイズのデジタル数字

しかし、今回「SGW-100-1」購入の決め手になったのは、ビッグサイズのデジタル数字です。

カシオ腕時計SGW-100-1

当方、すでに老眼のため、小さい文字の読み取りに苦労するようになりました。

一応、Gショックの動作モードを表す小さな文字等も、まだまだしっかり読めますが、大きな文字の方が読みやすいのは間違いありません。

そんな私にとって「SGW-100-1」の大型で肉太の7セグメント(フォント)なら、頼れる相棒になってくれそうな、そんな予感がしたのです。

 しっとり美しい液晶画面

1 2 3 4 5 6
 
▼スポンサーリンク

チープカシオ・チープシチズン完全ガイドはこちら!


この記事はあなたのお役に立ちましたか?

本日も人気ブログランキングの応援クリックありがとうございます。

あなたの応援のおかげで、こうして記事が書けました。

時計・人気ブログランキングへ

コメントを残す




*